③なされるべきこと、組織のことを考える p.3~


このブログは、【1日2分で納得・P・F・ドラッカー【経営者の条件】と、題して、各章、各ページの読者の実践実例を集めたものです。

~③なされるべきこと、組織のことを考える p.3~~

ドラッカー名著集1 『経営者の条件』

Amazonでのご購入はこちら

 

以下は読書し、実践した者たちのポイントのまとめ

 

 ㈱エレメント WEBマーケティング・コンサルティング 今井 こうた

~経営者の条件 ~③なされるべきこと、組織のことを考える p.3~ を、読書して

2019/03/02

 Q.なされるべきこと、組織のことを考える~を読んで・ポイント、感想(今回、気になって線を引いたところ など)は?

~第一に見つけるべき習慣は、なされるべき事を考える事である。何をしたいかではない事に留意してほしい~

 

A.ドラッカーは上記の様に、念を押すように何をしたいかではないと、伝えています。

これは、優秀なスタッフ、優秀ではないスタッフを見分ける基準にもなっています。優秀ではない者は、何をしたいか?の問いに対して、状況や環境の理由を後付して、成果をないがしろにし言い訳します。しかし、優秀なものは総じて、自分のやりたいこと、何をしたいか?とは、問いにしていません。常に周りや関わる人々に対してどう貢献するか?そのために何をすべきか?と問いを発します。

自分としても、やりたいことではなく、成すべき事を考えられているか考えます。特に1番になれることか?、利益、経済的原動力があることか?、自分の情熱を向けられる事か?の3つを大切にしています。そして、役割として自分の得意な事は自分が集中する。得意ではない事は任せられるようにすることを考えます。

 

 

 

今後も経営者の条件のことなら、ここ!となるように、このページに実践実例を集めていければと考えています。

 

経営者の条件 序章について、ほかの方の読書レビュー、経験や、本人なりの要約を探している方々はこのページをブックマークしておいてくださいね!

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加

1日2分!ドラッカー【経営者の条件】 記事一覧

経営者の条件 カテゴリ一覧