西日本豪雨を乗り越えて―岡山の「実践するマネジメント読書会🄬」ファシリテーターが被災、会社再建の日々を語る 第1回


岡山県在住、36歳、男性

私は岡山で【鍛造】という技術を用いて自動車などの部品を製造する会社に入社して12年。

製造、品質管理、生産管理、営業、総務を経験し、2016年から取締役専務として働いています。

 

日々の仕事に追われながらも

このまま、なんとなく、仕事を続けていくのかなぁ

と、なんとなく考えていたある日、事態は急変します。

 

2018年7月6日、西日本豪雨災害発生

敷地全体に2mの浸水に加え、隣接する工場の大規模爆発による2重被害。

何もかもが流され、工場の屋根・壁が吹き飛んだ会社は深刻な、再起不能寸前まで追い込まれました。

爆発した23時36分で停止した時計

 

8ヶ月以上、工場を再稼働させることができませんでしたが、2019年3月から一部製造ラインを再開させることができ、少しずつ元の形に戻りつつあります。

 

一言で「復興」といっても被災直後は

何から始めればいいのか

何をしなければならないのか

2次災害(主に爆発)の恐れはないのか

この地で仕事を続けていくのか(また浸水被害にあうのではないか)

社員は無事なのか・・・

ただただ、事が大き過ぎて呑み込めない・・・

 

その様な状況の中、被災して3日後には県内外から多くのボランティアが駆けつけてくれました。ボランティアの方はピーク時で約50名。社員と合わせると100名近くの人員が復旧復興に向けて取り組みました。

 

そしてこれは同時に、新たな【チームが結成された日】でもありました。

 

ドラッカーの言葉

組織の構造とは、すでに述べたように、一人ひとりの人間にとって、あくまでも道具にすぎないということである。さらに重要なこととして、それぞれの組織構造について、強みと弱みを知っておかなければならないということである。

『明日を支配するもの』 

 

 

混成チームの采配、会社再建の命運は社長と専務にかかっている!!

乗り越えていけるのか・・・

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
Tomohiro55

Tomohiro55

2015年に尊敬する先輩から「ドラッカーを読んだら会社が良くなるよ」と教えてもらったことがきっかけで、気づけば実践するマネジメント読書会の運営に携わるようになった、岡山県在住の鍛造屋

コメント