「やってみた!原書から学ぶ『経営者の条件』とめさん英語スクールへ通うの巻」(第5話)早起きは三文の徳?


原書から学ぶ『経営者の条件(The Effective Executive)』(第5話)早起きは三文の徳?

早起きは三文の徳?

英語スクールは2ヶ月目に突入し第6回目。ドラッカーマネジメントを学びはじめて「時間管理」を意識するようになってから「朝方人間」になりました。何もなければ夜9時には寝ちゃいます(笑)。私は5時間の睡眠が必要だから深夜2時には起きられる計算。でもそんなにうまくいかなくて、だいたい3時に起床して、4時頃から学びの時間。朝方人間になってから、脳が効率良く動いてくれるのと、色々な誘惑が少ないから、この時間をどう生かすかは自分次第。この3時間がドラッカー 教授が説く生産的に成果をあげる「まとまった時間」。

英語スクールでも、学んだことを一晩寝かせて翌日復習することで、知識が定着する「カレーライス効果」を推奨しているから、英語も朝方がいいみたいです!

Capter4:Masking Strength Productive 

第4章:人の強みを生かす

マインドマップを描く。と言っても私のマインドマップは、本文中の「節」や「小見出し」を抜き出したもの…通常のマインドマップとは多少違うけど、私にとっては非常にありがたい存在。マインドマップと照らし合わせて読むことで、頭の中が整理されて情報が体系的に伝わってくる。

strength?(ストレングス)

強みを診断する「ストレングス・ファインダー」のストレングスだ!

節を順番に並べてみると…

⑴STAFFING(スタッフ)

⑵MANAGE MY BOSS?(上司)

⑶YOURSELF EFFECTIVE(あなた自身)

仕事仲間(スタッフ)→上司→自分の順番で強みを生かす?

日本語のタイトル「人の強みを生かす」の「人」とは、自分だけのことではなかったのだ!

組織で働く全ての人の強みを生かせ!とドラッカー教授は説いていたことに気づく。

そして、「ボスをマネジメントせよっ!」というストレートなことばに衝撃を受けたのでした。

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
アバター

五月女 圭司

『人生を変えるドラッカー』を読んで「人生は変えられるよ!」と、神さまの声が聞こえ、ドラッカー教授の「ことば」を師匠として日々チャレンジを続けています。私のミッションは「人」と「音楽」と「ドラッカー」をつなぐこと。 “ My mission is Harmonize “ みんなが心から笑顔でいられるために、出逢った全ての人とハーモナイズしていきます。 【何によって覚えられたいか?】 「いつも笑顔でチャレンジしている人」と覚えられたい!

コメント