「やってみた!原書から学ぶ『経営者の条件』とめさん英語スクールへ通うの巻」(第6話)体系的に考える


原書から学ぶ『経営者の条件(The Effective Executive)』(第6話)体系的に考える

体系的に考える

英語スクール2nd Month 第3週目。ドラッカー教授の書籍は50冊に迫ります。論文などを含めると100冊を超えてしまうかも…時代と共に進化していくドラッカー教授の視点。ドラッカーと同じ視点で考えられるようになるには、「体系的に考えることが重要だ!」『実践するマネジメント読書会®︎』の師匠である佐藤等先生は説きます。

佐藤等先生が発明した「マネジメント体系図」は、ドラッカーマネジメントを見事に体系図で表したすぐれものなんです。私たちは、いつもこのマネジメント体系図を意識してドラッカーの書籍を読みます。

すると「あっ!そういうことか!」という原理原則が見えてくるのです。

英語スクールでも、ここでご紹介した「フォーカス」(学習の目的を明確にする)「トップダウン」(全体をつかんでから細かいところをみていく)メソッドのおかげで、だいぶ英語になじむことができました。

そしてこの英語スクールでは、フォーカスやトップダウン法を使って、書籍の「感じ」「全体像」をつかむ「ナナメ読み」を推奨しています。

なるほど、「体系的に考える」ことは「学ぶ」ときのメソッドとして共通点が色々あるんだ!と気づきました。

Capter5:First Things First

第5章:最も重要なことに集中せよ

原書では1節めの「一つのことに集中せよ」という節タイトルはありませんでした。

If there is any one “secret” of effectiveness, it is concentration.Effective executive do first things and they do one thing at time.

この章の書き出し。

・“secret” エグゼクティブの秘密? 

・concentration「集中」

・one thing at time.

これまでの章で学んだ第2章の「時間」をどこに使うのか?第3章の「貢献(なされるべきこと)」、4章の「強み(資質)」を一つのことにフォーカスせよ!

そう聞こえました!

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
アバター

五月女 圭司

『人生を変えるドラッカー』を読んで「人生は変えられるよ!」と、神さまの声が聞こえた57歳の会社員。己と向きあうには師匠がいる。私の師匠はドラッカー教授の「ことば」。この「ことば」が自らを成長させてくれます。私のミッションは「人」と「音楽」と「ドラッカー」をつないで笑顔あふれる街を創ること。 何によって覚えられたいか? 「いつも笑顔でチャレンジしている人」と覚えられたい!

コメント