【歯科衛生士である私が学び皆さんに伝えたいドラッカーさんのマネジメントの教え 第30回】ドラッカーが教えてくれた会社を辞める決断をするとき、大切にするべきもの


歯科衛生士である私が学び皆さんに伝えたいドラッカーさんのマネジメントの教え シリーズ

「あ~、私の人生どうなるんだろ…」

一生懸命頑張ってるのに成果につながらない…

こんなに学んだつもりなのに…

実践して結果も出してきたつもりなのに…

そのことばかり、ぐるぐる考えるようになっていました。

「私のいうこと、ちゃんと間違ってないはずなのに。誰も聞いてくれないんだもん。」

だから、前ほど噛みつくように物申すようなことはやめました。

相手は何を言いたいんだろうか…ちゃんと聞くようにしました。

(良くしようと考えて話しているんだろう。私に手伝えることはないか考えなきゃ…)

もっとこうした方がいいんじゃないか。

いろいろ喉の奥からこみ上げてくるものをそんまま無理やり飲み込む。

言わない。

だって、今話したところで…聞いてくれない。

話を聞いてもらうには、私はどうしたらいいか上司に相談したことがありました。

「今の現実は、過去の行いでなってるんだ」と上司にいわれました。

何が言いたいのかはよくわかりました。

(でも…だから相談してるのに 。どんなに頑張ったとしても、

過去の行いのせいで私はこの組織で評価も機会も与えてもらえないのだろうか?

それにしても、過去の行いといわれても…

私の何を見ていってるんだろう。誰の話を聞いて言ってるんだろう。

私が何を感じてるのか、何を頑張ってきたのか。何が強みなのか…

私は、誰からも話を聞かれたことはない。)

「じゃ、あなたは、組織の何に貢献したんだ?」ある上司にも言われたこともありました。

(私は、何も貢献していなかったんだろうか…

目の前の患者さんに精一杯、気持ちを込めて話をして、

人がしないところも気を使って、

みんなが嫌がることも、組織のためだと思って嫌だったが承諾してきたつもりなのに。

何を頑張ればよかったのか。どうすればよかったのか。

言われたことを正しく頑張ってきただけなのに…)

考えるたびに、

目の前が真っ暗になり、目の奥がぎゅっと熱くなり、涙がじんわりとできます。

そして、

「じゃ、辞めればいいのになぜ辞めないの?」と私自身が話しかけてきました。

いつもいつも、私に問いかけてきます。何年も何回も。

同じことを聞いてきます。

「だって、辞めたら、大変だもん…。」

それに、これからの組織の可能性や生活の安定を手放すことになる。

それに、この歳で、新しく働くなんて勇気がいる。

必ずうまくいくかなんてわからない。

正直、どこで働いても同じということもなんとなく感じてる。

読書会のファシリテーターの先輩、人生の先輩とおもえる人に何度も相談しました。
「今やるべきことは、組織をどうにかすることでなく組織の何に貢献するかだよ?」

そんなことは、よくわかってるいます。

でも、

貢献すべきことを考えると、

私に毎日課せられる業務や、

組織や上司が何を評価しているのか、そして、上司からのメッセージ…

私には、現実を突きつけられました。

組織から課せられている貢献は、目の前の作業を正しく言われた通り遂行すること。

このことを話したら

先輩のファシリテーターが続けて問いかけてくれました。

「それが、何が問題なの???組織のせいにせずに、自分はどうなりたいの?どうしたいのさ?」

ー・・・

この問いの答えがすぐ出てこない。

考えたことがなかった問いに

思考がどんどん停止していくのを感じました。

(だめだ、考えることをやめたら、なにも変わらない。組織の問題でなく、自分の問題???)

何日も考えても、どう考えればいいのかさえ分かりません。

そんなとき、苦し紛れに思考が止まらないようある仮説として考えてみることにしました。

私は…組織のせいで自分自身が自己実現が出来ないこと、社会への貢献できていないことに不満をもっている。

そうではなく、

私の問題として考えたとき組織は問題となるんだろうか?これは、誰の問題なのか?

組織というのは、私の人生を豊かにしてくれる道具(ツール)だとドラッカーは教えてくれた。

私にとっての組織という道具であって、道具を使うのが私だとして…

本質的課題や問題はどこにあるのだろうか?

組織(道具)の問題は…もしかしたら、私の本当の問題ではないかもしれない。

今までなんだか怖くて見ないようにたどり着かないようにしていた答えが

目の前に現れてきます。

もしかしたら…

組織(道具)のせいで、私が生かされないんだ!こんな風に考えてしまう私に問題があるかもしれない…!?

私は、

組織や話を聞いてくれない職場の人のせいにして、

最後までやりぬくことをやめているんじゃないだろうか?

いつも、出来ない言い訳にして、

自分以外のせいにして

自分の責任でおこなう選択や

その選択をした結果に対しての覚悟ををすること避けていたんではにだろうか。

もしかしたら…これが私自身の問題?

この仮説から、目の前に現れる問に向き合っていくと…

私は、もう、自分自身に言い訳をしたくない!

そんな気持ちが私の心の奥底から溢れ出てきました。

こんな気持ちは初めてでした。

同時に、言い訳が出来なくなる怖さも同じぐらい出てきます。

(でも、この怖さはきっと、今まで、見ようともせず、向き合うことを避け逃げてきてたもの。

自分に言い訳してしまうものをなくしてしまう必要があるかもしれない。)

全部自分の責任にする必要がある。

選択の自由と責任をもつ覚悟が出来ること。

毎日、成長できていると実感できるか?

今の私に、必要なことはこれかもしれない。

今の組織に感謝をして、新しい道を歩むときかもしれない。

私には…

この組織にいながら、組織のせいにせずにこの問題に向き合えませんでした。

今までのこの組織で長年働いてきて知っている組織の歴史や組織の価値観。

私は、何度も泣いてきました。

私は、私が大切にしている価値観を踏みつけられたように感じ

涙となっていたことを知りました。

悔しくて、腹が立って泣いていたんだと思ってました。

違います、悲しかったんです。

理解してもらえないこと、人間として否定されたように感じてること。

拒絶されたように感じていたんだと知りました。

組織の価値観は多面的です。

一部の嫌なところだけ見ていては自分の価値観とすべては一致することはありません。
ドラッカーが教えてくれた、この価値観。
長い間、自分の価値観を見ないようにしていたのかもしれません。
私が大切のしたい価値観が組織の価値観に共存できないのであれば、
私は組織で生かされることもないと教えてもらいました。
今の組織で働くことは、自分を大切にできるだろうか?
組織は患者さんや社会に貢献している素晴らしい組織。
とても好きな組織だったからこそ…辞めずに頑張れたんだ。
でも、そこだけじゃないんだ。

私は、今の自分より成長したい。成長を感じたい。

10年後の自分は、もっと大きくなっていたい。

9年働いたこの組織。

ここでの経験、そして、今までの人生での経験があったからこそ

マネジメントとの出会いに心が動き何か私の中で大きな可能性を感じることが出来たんだ。

私自身のこの問いに向き合うことが、正しい問いと向き合うことだと感じました。

ドラッカーの言葉の中に、

『P.Fドラッカー経営論』より

ー最大の危険は、問題を誤認することなく、不十分なとらえ方しかしないことである。

この言葉は、私の中で強く残っている言葉です。

問題のとらえ方が不十分だったり、誤ってしまうと間違った意思決定をしてしまいます。

真の問題の根本を見つけていこうとしていくことで

今までもたくさんの発見をしてきました。

そして、

『非営利組織の経営』

ー組織が腐っているとき、自分が所を得ていないとき、あるいは成果を認めれないとき、

辞めるのが正しい道である。出世は大した問題ではない。

重要なのは、

公正であり公平であることである。さもなければ、自分を二流の存在だとみるようになる。

価値観についても

組織の価値観と自分の価値観が合っていなければ人は自らを軽く見るようになることについて書かれています。

ー得るべき所はどこかとの問いの答えが、今働いてる所ではないというならば、次の問はそれはなぜかである。

すべてが価値観が合致することはありません。

組織は道具です。

自分自身を生かすための道具でもあります。

価値観が共存できない組織では、自分を生かすことはできません。

心を殺し、息を止めて、目を閉じて、耳をふさぐ、心の声をきかないようにする

それのどこが自分を生かす組織になるのでしょうか?

様々な人が働くのが組織です。

組織で働く人は

いろんな人生をいきていて、生活環境、年齢、性別、一人ひとりが持っている価値観があります。

組織は、誰かの価値観を守るための道具ではなく、

さまざまな価値観や経験を持つ人たちが組織という道具を使うことで

一人ひとりが生かされ、成果をあげることができる。共存し、お互いを生かしていく。

これが本来の組織の在り方なのではないかと感じます。

仮説を検証しなければ、何もわからない。あとは実践してみる。

9年間、この経験は、無駄になんかならない。

これは、私の経験となり、力となり、勇気になる。

道具を使う(組織で働く)人間として、自分自身のあり方と向き合いたい。

そして、

2019年09月9年務めた組織を退職をすることを決意しました。

アンケートの仕事の引継ぎを行うことで、

足りていなかった、チーム編成を行うこともできました。

いろんなことを改善することができ、引き継ぐことも出来ました。

本当は、もっと…

この組織でやりたかったことは沢山ありました。

でも、私自身の成長。なりたい姿、なりたい未来…

『経営者の条件』

優先順位の決定には、いくつかの重要な原則がある

すべて分析ではなく勇気に関わるものである

第一に過去ではなく未来を選ぶ。

第二に、問題ではなく機会に焦点を合わせる。

第三に横並びでなく独自性をもつ。

第四に無難で容易なものでなく変革をもたらすものを選ぶ。

自分の人生を考え優先順位は何かと考えた私なりの答えでした。

不安な気持ちもあります。しかし、

(大丈夫。今までの私と違うんだ。)と、心がどっしりしてぐらつかない感覚を感じました。

私には、学んできたものがある。

必ずしもうまくいくわけでもないことはわかってる。

その道を自分で切り開いていくための覚悟と自信と勇気をもつことが出来ている。

私が、ドラッカーと出会い、この3年間で得ることのできたもの。

自分で選ぶことのできる力に大きな成長を感じる

そして、

自分の成長をどこまでさせてあげれるのか

どんな機会を与えていくのか

環境を整えること

自分で意思決定をし、覚悟をして、スタートを切ることにしました。

そして、自分の価値観はこれからも積み重なり変わっていきます。

自分自身でみつめて、磨き上げていく必要があることを知る機会になりました。

皆さんにも、大切に向き合うべき価値観はありますか?

自分が持っている大切にしている価値観は

誰かに押し付けるものでなく

自分自身が大切に育てていくものです。

自分らしく、自分をいかし、成果をあげるためにも

ドラッカーのマネジメントから

価値観と向き合う言葉を見つけてみてください。

自分の価値観と向き合えると、

本来の自分との対話を楽しめるのではないでしょうか?

そうすることで、自分の中にある、揺らぐことのない

自信と誇り、勇気を見つけれるはずです。

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
yukari1222

yukari1222

岡山の歯医者で 歯科衛生士として働いてます✨ ドラッカー歴3年目✨ 読書会を通して初めてドラッカーやマネジメントを知りました✨ 経営者でもなければマネジメントをしなくてはいけない立場でもありません。 立派な役職や実績や経歴があるんけでもありません。 部下一人いるわけでもありません。 そんな私ですが、 皆さんに唯一お伝えできることがあります✨ 組織で働くどんな立場の人でも どんな人にでも ドラッカーのマネジメントは実践できるということ。 そして、成果をあげる能力は習得できるもいうこと。 それは、私が実践してきたことです。 私がマネジメントを学ぶのか✨ マネジメントを 実践していくことで 何を知り、何を経験し、何を得ることができたのか✨ 私らしくお伝えしていけたらと思っています✨ このような機会をいただけたことに本当に感謝してます✨ どうぞ、よろしくお願いします✨

“【歯科衛生士である私が学び皆さんに伝えたいドラッカーさんのマネジメントの教え 第30回】ドラッカーが教えてくれた会社を辞める決断をするとき、大切にするべきもの”への2件のフィードバック

  1. アバター arche_sowa より:

    yukariさん、はじめまして。9年間 お仕事お疲れさまでした。
    20代の頃 私も同じような思いで悩み、転職した経験があります。
    全く別の業種に職を得て、数字に追われる毎日で仕事自体には達成感も…けれど組織と自分との間には埋めることのできない決定的な価値観の相違がありました。自負心がどんどん削り取られていく日々に心身ともに蝕まれてゆきました。
    20年以上(!)紆余曲折の末 辿り着いたのは、以前就業していた職種へのリトライ。
    今ではやはりこれが自分の適性に合った仕事なのだと思って楽しく働いています。
    しかし現在も職場スタッフ全員が意識高い系で向上心旺盛で常に貢献に目を向けていて、などと恵まれた環境に身を置いている訳ではありません。寧ろ真逆のマニュアルワーカーが闊歩する部署です(笑)
    そんな中でドラッカーをもう一度読み返し、私はやっと”ツール”の外に貢献の焦点を合わせることができました。
    経験したことに無駄はありません。成長し続けるために自分をマネジメントすることは いくつになっても大切ですよね。
    yukariさんが選択した次のステージで、またDラボに面白いブログを綴ってくださるのを楽しみにしています!

    • yukari1222 yukari1222 より:

      arche_sowaさん
      はじめまして✨
      コメントありがとうございます!
      経験したことに無駄はなく、
      成長し続けるために自分をマネジメントすることは本当に大切ですね。

      arche_sowaさんのメッセージをいただいて、

      ブログを通して
      何を伝えていきたいのか改めて考えたいと感じました✨

      今回は、どうしても書き残しておきたいばかりに
      ひとりよがりになってしまいました。

      でも、この記事を書いてよかった!と思えるように
      前を向いて、自分自身の成長を信じて
      そして、マネジメントの可能性を伝えていけたらとおもいます!

      arche_sowaさんのように、
      誰かに自分の経験を伝え、励ませれるような
      そんな成長をしていきたいです✨

      本当にありがとうございました✨

コメント