やってみた!絵で見る『The Effective Executive』(英語版)英語で感じるセルフマネジメント (第1話)体系的に考える!を習慣にする


やってみた!絵で見る『The Effective Executive』(英語版)(第1話)体系的に考える!を習慣にする

皆さん!こんにちは!

「 Smile ,Challenge & Support 」をミッションとしてチャレンジしつづけるとめさんです!

今回から新しいチャレンジ『やってみた!絵で見る『The Effective Executive』(英語版)』をお届けします!

(第1話)体系的に考える!を習慣にする

ドラッカー教授のことばを英語で感じたい!という思いから英語スクールに通いはじめて5ヶ月。洋書を読んで、読んだ内容を参加者とシェアすることでドラッカーマネジメントの理解を深めていきます。

私が読んでいる洋書は、もちろん『The Effective Executive 』(経営者の条件)。

更なるチャレンジは「絵で見るドラッカーシリーズ」の英語版を創ること。英語スクールは洋書を読んで、読んだ内容を日本語でシェアするクラスと、英語でシェアするクラスがあり、英語でシェアするクラスにチャレンジしようと思ったからです。

まず耳を慣らさないと…電車通勤の時間を利用してオーディオブックもスタートです。

「読む→聴く→話す」をトレーニングしてドラッカー教授のメッセージを体に染み込ませていきます!

圧倒的に英語力が少ないので、この「絵で見るシリーズ」を創る工程でのインプット、英語でシェアするときの道具としての効果を狙います。

まずは佐藤等先生が生み出した「マネジメント体系図」から。

この体系図は本当にありがたい。体系的に説明するとき非常に優れた道具であると英語スクールでも実感しました。

グループシェアの時にこんな質問を受けました。

「Is an Organization a company ?」

何とシャープな質問…

「実践するマネジメント読書会」でも、この体系図は毎回ホワイトボードに書いているのですが、この質問は受けたことはなかったので、とても新鮮に感じました。

Organization(組織)とは、company(会社)のこと?

この体系図に示されたドラッカー教授の「組織」は、営利組織も、NPOなどの非営利組織をも含む広義の組織をさします。

「個人(Individual)」が「組織(Organization)」に対して、自分のやりたいことではなく、なされるべきこと(貢献)をして、組織は社会(Society)に対して成果(Results)をあげる。成果とは組織の外の変化。

個人は組織を道具として使い、自己実現(Self-fulfillment)を果たす。

そのために、エグゼクティブは成果あげる5の能力(Essentially 5 such practices)を身につけ習慣にする。

この体系図を頭に入れて、ドラッカー教授の書籍を読むと、本質が見えてくるのです。

英語スクールでも力になってくれそうです。

そして、今回感じたのは、ひとつ一つの単語が分からなくても、何度も繰り返し「読む」、「聴く」、「話す」を繰り返していると、少しずつ繋がって、知っている単語や前後から全体の概要が理解できるということ。マネジメント読書会の進め方もこのメソッドなのだ!と改めて思いました。

この体系的に考える習慣は、普段の読書をするときも「目次」をざっと読んで全体を掴んでから読みはじめたり、全体を考えてから各論に入ることで、早く全体を理解することができそうです。

体系的に考える習慣。大事です!

次回は、いよいよ絵で見る英語版『The Executive Executive 』は、Chapter 1「Effectiveness Can Be Learned」にチャレンジします!

とめさん流「笑顔をつくる7つ道具」

実践するマネジメント読書会

関連書籍

『経営者の条件』

『The Effective Executive 』

とめさん「Dラボ記事」

これまでの『Dラボ記事」はコチラから

(つづく)

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
アバター

五月女 圭司

『人生を変えるドラッカー』を読んで「人生は変えられるよ!」と、神さまの声が聞こえた57歳の会社員。己と向きあうには師匠がいる。私の師匠はドラッカー教授の「ことば」。この「ことば」が自らを成長させてくれます。私のミッションは「人」と「音楽」と「ドラッカー」をつないで『みんなが今日を生き生きと働くために、心から「笑顔になれる機会」を与えるになる!』こと。 【何によって覚えられたいか?】 「いつも笑顔でチャレンジしている人」と覚えられたい!

コメント