ドラッカーに学ぶ読書会メンバー・戸田雄也さんの挑戦が北海道新聞に大きく掲載される!


戸田さんの挑戦を伝える新聞紙面

北海道庁に勤務し「道庁読書会」にも参加する戸田雄也さんは、東京パラリンピックのパラパワーリフティングに挑む車椅子アスリート。「『心技体』磨き重力に挑む」と題して、地元の北海道新聞が大きく取り上げて報道しています。

 

「スキーの挫折越え世界へ」。

2019年12月13日付け、朝刊全道版。

 

ドラッカーを学び、仕事はもちろんスポーツでも成果をあげようと努力する戸田さんを応援したいと思っています。

 

「Dラボ」サイトでの戸田さんインタビュー記事は、下記よりお読みいただけます。

ドラッカー本を仕事とスポーツに使い、東京五輪を目指す車椅子アスリート〜北海道 環境生活部 戸田雄也さん

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
花岡 俊吾
アウドドアライター/記事制作者   1965(昭和40)年、北海道恵庭市生まれ。高崎経済大学卒業、(株)ピーアールセンターにて広告・マーケティング業務に従事。2007年独立、「北海道体験.com」のプロジェクトに参画。人口減少の道内経済に貢献すべく、北海道の新しい体験観光情報の発信をライフワークにする。カメラを片手に、年間100日以上をアウトドアフィールドやキャンプ場の取材活動。新聞記事連載やWEBコンテンツ制作がメインの仕事。P.F.ドラッカーの読書会、札幌ビジネス塾に10年以上通い、上田惇生先生のサイン入り『経営者の条件』は家宝。著書に『アウトドア&感動体験ガイド北海道』(北海道新聞社)。休日はマラソンと登山に勤しむ。

コメント