ベストセラー本『実践するドラッカー』シリーズの中から「利益編」と「事業編」を学ぶオンライン講座「イノベーションアカデミー」を11月に開催、参加者募集中!


P.F.ドラッカーの教えをやさしく実践的に解説する『実践するドラッカー』シリーズ本(ダイヤモンド社、上田惇生監修・佐藤等編著)。5作シリーズの中から「利益とは何か編」と「事業編」の2冊をつかって実際の仕事に生かすために再構成された「イノベーションアカデミー」が開催される。

これまで、「実践するドラッカー講座」は4回の連続講座として開催されてきたが、今回は特別に2日間の集中・短縮バージョンとして構成。開催日時も平日ではなく、土日の昼間を使っての開催。通常業務に支障をきたすことなく参加が可能だ。これに伴い、参加費も従来から変更・減額になっている。「コロナ下で事業環境がガラリと変わってしまった」、「新しい分野での売上げを作らなければ」と考える中小企業の経営者や経営幹部には必見の内容だ。定員は20人と、少数で学びやすい規模になっている。

講座の進行は、マネジメントの原理原則をドラッカー教授の言葉から学び、実践的な体系に結びつけて行動の指針とする。その学びをこれからの自分の意識や行動として具現化するための質問ワークショップがある。講座の目指すところは「半年後の実際の成果」だ。あなたの6ヶ月後に、どんな良い結果を生み出せられるか。内容は「事業のマネジメント」に焦点を合わせ、主なテーマは次の3つが予定されている。

1)イノベーションとマーケティングとは
2)組織のミッションと成果の定義
3)自社の強みの発掘と事業分析

過去、この講座を受講した企業の中から『ドラッカーを読んだら会社が変わった!』(日経BP社)や『ドラッカー教授組織づくりの原理原則』(同)に実例として多数掲載されていることからも分かるように、ドラッカーの言葉は経営に効く。ドラッカー本著者の佐藤等さんと、実践事例の著者・清水祥行さんの二人の著者本人から、ドラッカーからの学びと気づきを得たい。平時ではないこんな今こそ、普遍的な原理原則を学んでニューノーマルの地平を切り拓こう。

内容詳細は、下記のページから。
ナレッジプラザ公式サイト

 

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
花岡 俊吾
アウトドアライター/記事制作者   1965(昭和40)年、北海道恵庭市生まれ。高崎経済大学卒業、(株)ピーアールセンターにて広告・マーケティング業務に従事。2007年独立、「北海道体験.com」のプロジェクトに参画。人口減少の道内経済に貢献すべく、北海道の新しい体験観光情報の発信をライフワークにする。カメラを片手に、年間100日以上をアウトドアフィールドやキャンプ場の取材活動。新聞記事連載やWEBコンテンツ制作がメインの仕事。P.F.ドラッカーの読書会、札幌ビジネス塾に10年以上通い、上田惇生先生のサイン入り『経営者の条件』は家宝。著書に『アウトドア&感動体験ガイド北海道』(北海道新聞社)。休日はマラソンと登山に勤しむ。

コメント