『ドラッカー読書会』との出逢い 〜ファシリテーターへの道のり(第7話)大宮・西武園 編


〜ミッションは突然変更される?〜 2015年

函館のキャラクター戦略が軌道に乗ってきて、既に函館生活も7年を経過してました。

そんな時。。まさかの次なるミッションが。。

4月から大宮・西武園競輪場へ異動。光栄なこと?に2場もある。。(笑)

われわれのミッションは何か

ドラッカー読書会のメンバーや、色々な人に助けられて少しづつ組織の外への変化が見えてきたと思っていた矢先の異動命令。公営競技は非営利組織。「われわれのミッションは何か?」を考えていたはずが、「私」のミッションまで見えなくなってしまいました。

施設の規模も、スタッフの数も、お客さんの数もスケールが違う。しかも2倍なのね〜〜涙。

埼玉にはクマもいないようだし…ドラッカー読書会は?

どうする俺???

後半へつづく。

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
アバター

五月女 圭司

『人生を変えるドラッカー』を読んで「人生は変えられるよ!」と、神さまの声が聞こえた57歳の会社員。己と向きあうには師匠がいる。私の師匠はドラッカー教授の「ことば」。この「ことば」が自らを成長させてくれます。私のミッションは「人」と「音楽」と「ドラッカー」をつないで『みんなが今日を生き生きと働くために、心から「笑顔になれる機会」を与えるになる!』こと。 【何によって覚えられたいか?】 「いつも笑顔でチャレンジしている人」と覚えられたい!

コメント