『ドラッカー読書会』との出逢い 〜ファシリテーターへの道のり(第11話)大宮・西武園 編


〜認定試験とドラッカー年譜〜 2017③

大宮ドラッカー読書会の1クール目がスタート。読書会は1ヶ月に1回のペースで開催されます。全10回。1章づつ読み進めて行くと、これがまた実践に必要なヒントがドラッカーの「ことば」から伝わってくるんです。競輪選手で言うと師匠みたいな存在。

ドラッカー年譜

ドラッカー読書会へ参加された方々に、ドラッカーのことばを通して気づきのお手伝いをするのが読書会ファシリテータ。

認定試験のひとつに「ドラッカー年譜」を覚えるという課題があります。これはドラッカーの思想は、本質は変わらないけれど、時代の変化によって生き方、働き方が変化して行くから、その時代背景から生まれたドラッカーの「ことば」の本質を理解することで、己の生き方、働き方の実践に生かすためです。

実は、歴史的なことを覚えるのが大の苦手。。さぁ…どうしよう。。あっ!娘に聞いてみよう!小さい頃から娘は歴史が大得意だった!

ラクガキ大作戦

ハードロックカフェのランチで、テンションあげあげでレクチャー。聞いてびっくり!!!

「絵に描いて覚えるんだよ〜!」まぢか。。

時代背景や、人物をラクガキして脳にインプットしてるという。そんなことしてたのか。。やるしかないっ!iPad proはラクガキすると楽しそう!って買い替えたの忘れてた。。

汝の時間を知れ

1年のできごとを1枚にまとめると51枚分。1日1枚描けば51日間。試験までギリギリ間に合う!その日からラクガキインプット大作戦がはじまりました。

描いてみると意外に楽しい。調べるのに1時間、描くのに2時間、1日1枚描くには1日3時間を確保しなくちゃ。ここでもドラッカーの「汝の時間を知れ!」という思考を再認識。時間の塊を作る実践なのね〜〜っ(^^)

結果は無事合格!やったーーーっ!

そして、自分のために描いたラクガキが意外にも、FTの方々からお褒めを頂き「これって強み?」って気づかされる。基本、トレースだから誰でも描けるって思ってた。。

これって強み???

『私的な強みは公益となる』@ドラッカー

自分のために描いたラクガキ。今度は人のためになったらいいなぁ…。

次回、最終回につづく。

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.

五月女 圭司

『人生を変えるドラッカー』を読んで「人生は変えられるよ!」と、神さまの声が聞こえた気がした55歳の会社員。己と向きあうには師匠がいる。私の師匠はドラッカー教授の「ことば」(お逢いしたことはありませんが…)。個人も組織も「地域貢献」が人生のテーマ。私のミッションは「人」と「ドラッカー」と「音楽」をつないで笑顔が絶えない社会を創るために日々まい進すること。

コメント