『ドラッカー読書会』との出逢い 〜ファシリテーターへの道のり(最終話)大宮・西武園 編


〜成果をあげるためには〜 2018年

はじめてドラッカーと出逢ってから10年。

読書会ファシリテータになって、全く違う世界が見えてきました。私の中で「ぐるぐる」していたものが、ドラッカー読書会を通してスッキリ。

成果をあげる能力は習得できる

ドラッカーの学び、読書会で使用する『経営者の条件』は経営者だけのものではありません。ミュージシャンも、アーティストも、MCさんも、組織に属している人も、個人事業主の方も、学生さんも、高校野球部の女子マネージャも。。

人と関わって生きていく人、成果をあげたい「万人」の方へ贈るギフトなのです。

強みとは何か?
貢献とは何か?
成果とは何か?

ドラッカー読書会を通して、参加者の皆さんと一緒に学びたい。ドラッカーの「ことば」を現場に持ち帰り、実践して成果をあげませんか?

そして美味しいお酒を飲みましょう(笑)

先輩ドラッカー読書会ファシリテータにはギタリストの方、ミュージシャンが多いことにも感激。そして楽しい〜♫

ドラッカー読書会『実践するマネジメント読書会』との出逢い。そして読書会ファシリテーターとの出逢い。私はファシリテーターとして己もドラッカーの「ことば」を通して学び、人でも多くの方々にドラッカーのことばをお伝えしたい。理解ではなく実践するために。

成果をあげる能力は習得できる!いや、習得しなければならない!

第2幕 未来編につづく???たぶん。。(笑)

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.

五月女 圭司

『人生を変えるドラッカー』を読んで「人生は変えられるよ!」と、神さまの声が聞こえた気がした55歳の会社員。己と向きあうには師匠がいる。私の師匠はドラッカー教授の「ことば」(お逢いしたことはありませんが…)。個人も組織も「地域貢献」が人生のテーマ。私のミッションは「人」と「ドラッカー」と「音楽」をつないで笑顔が絶えない社会を創るために日々まい進すること。

コメント