【実践するマネジメント読書会®@札幌 中継記事その4】意思決定とは何か、って書いてある…けど、まずは意思決定に必要な準備をしましょう♪



2018年8月23日、「実践するマネジメント読書会®」札幌 ベーシック エグゼクティブコース第6回目が開催されました。
書籍は『経営者の条件』、範囲は第6章「意思決定とは何か」。
土砂降り明けの晴れの日でした。空は秋模様で湿度も低め。北海道っぽい!!

今回の参加者さんは、これまで継続参加の方に加えて、まだ20代の美容師見習いさん(前回の方と交代での参加(°0°))と職場で12人のスタッフさんをまとめる主任さん、全部で6名参加してくれました。…初回が第6章!?ドラッカー先生の難所からスタートすれば、きっと後が楽ですよ…頑張れ~…
今回は、前回に引き続き養成講座(9期)で一緒に学んだ仲間のデビュー2戦目!!ということで、ファシリテーター(以下FT)は松井&布田(私)となりました。今回も後方支援。

参加者さん1人目⇒FT1人目⇒FT2人目⇒参加者さん2人目⇒FT1人目⇒…と順番に話していくのがこの読書会の特徴です。参加者さんと松井FTの話を聞いてから、FT2人目として自分が話す、ということは、1人分多く話を聞くことになるんですΣ(・□・;)考える時間があるな♪と思っていたけど、頭いっぱいいっぱい(; ̄O ̄)

 

「妥協って、悪いことだと思ってました。」
ここ、準備したんです!!私なりに一生懸命考えました!!FTがお話する内容に正解はない(ドラッカー先生の言葉は正確に伝えなければなりませんd( ̄  ̄))けれど、実践してみようかな♪と思ってもらえるように何をお渡ししましょう?

 

「未来」を考える

最も誤りやすい決定は、間違った妥協である。正しい妥協とそうでない妥協の見分け方を知らなければならない」(『経営者の条件』p155)
妥協という言葉、悪いイメージがあるのって何ででしょうね?
広辞苑(第7版)によると「対立している双方(または一方)が折れ合って一致点を見出し、事をまとめること。おりあい。」となっています。
言葉の定義は確認程度として…、なぜ意思決定するのでしょうか?

 

これから何をするか、それを決定することは未来を決めること。

意思決定の特徴として5つ挙げられていますが、その中の2番目「必要条件を明確にする」から、「いかなる決定においても、この必要条件の明確化は事実に基づいて行われるのではない。それは事実の解釈に基づいて行われる。すなわち、そもそもが危険を伴う判断なのである」(『経営者の条件』p179)というところを今回は引用してみます。

これからのことは、人間の特性である知覚によって兆候は見つけられるかもしれませんが、数字にも現実にも現れていません。だから事実に基づいて条件を明確化できません。なので、一緒に検討している方々が、今見えている事実を用いて解釈して決定を行うことになります。

ここに書かれてるとおりリスクがあります。でも、リスクにおびえて無難な道を選ぶより、明るい未来を得るために、正しい決定、したいですよね♪正しい決定を得られる方向を見定めて「こっち、じゃないかな!?」と決定しますよね。妥協は妥協でも、「正しい」妥協です!!この決定の目的は明るい未来の選択ですから!!

ざっくり、振り返ったときに後悔しないこと、こんな風に考えてみて良かったな、って思える判断ができるように訓練しましょう!!繰り返せば、「こっち、じゃないかな!?」から「こっちを選択して大丈夫!!」に変化していくでしょう♪

 

意思決定も数打ちゃ当たる!?

「妥協」と同じくらい、参加者さんから出てきたのは、「意思決定は数をこなすものだと思ってました。」
布田も同じく、意思決定も数をこなして身に付けるもの、と思ってました。
でも、成果を上げる意思決定に必要な5つのステップ
(1)問題の多くは原則についての決定を通してのみ解決できることを認識していた。
(2)問題への答えが満たすべき必要条件を明確にした。
(3)決定を受け入れられやすくするための妥協を考慮する前に、正しい答えすなわち必要条件を満足させる答えを検討した。
(4)決定に基づく行動を決定そのものの中に組み込んでいた。
(5)決定の適切さを検証するためにフィードバックを行なった。(『経営者の条件』p165)
これらすべての決定において行えるでしょうか?これだけでもかなりの時間を要します。

その中でも、
決定において最も困難な部分が必要条件を検討する段階であるのに対し、最も時間のかかる部分が、成果を上げるべく決定を行動に移す段階である」(『経営者の条件』p181)のです。

意思決定の準備に時間を取られているのに、明るい未来を得るために、組織の外の世界で起きている変化に気づくことができるでしょうか?そこに時間を取られるよりも、問題の種類を適切に分類して、「原則、方針、基本による解決」(『経営者の条件』p168)をすることで、自由になる時間を確保して、次の素敵な未来を得るための意思決定に集中しませんか♪

 

デビュー戦2戦目無事終了!!

9キーズの仲間からもう1人FTが誕生しました(*^_^*)
次回松井FTの登場はいつになるでしょう♪お楽しみに!!

 

…難しい、という先入観はぬぐえず…。もっと大切なことあったかなぁ、とか、もっと聴き取る能力が欲しいなぁ、と考えるばかりです…が!!次に進みましょう!!参加者さんのおかげで成長できることに感謝です!!

次回は第7章「成果をあげる意思決定とは」。第6章で意思決定をする準備を進めてきました。組織において成果を上げるため、目標達成のためにできる貢献についてたくさん考えてきました。明るい未来のため、本当に決断する必要のある問題を選択しましたか?その問題を決定するため、必要条件を満たした答えを準備できましたか?難しいことですが、どんな能力を持った誰が決定に基づく行動を検討できましたか?その決定によってもたらされる未来を記録しましたか?期待する未来が得られたか、評価する準備はできましたか?…色々あるなぁ…

それではえいやっ!!と判断しましょう!!…えいやっ!!と言える状況に到達できるのか!?次回、結果はいかに!?

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
布田ゆかり

布田ゆかり

気づけば所在地も6箇所目。たくさんあるようで、それぞれの地域にしっかり根付くことができなかった反省もありつつ、これまでの中で一番の都会、札幌で人の多さに気後れしながら奮闘しています。身長低いのに、大きなリュックを背負ってたら、それは私かもしれません…。 ドラッカー教授の言葉との出会いと挫折からここまでたどり着けているのは、佐藤先生と佐藤先生の門下の方々に優しく受け入れてもらえたから。このご恩をお返しするため、日々赤い道具箱(ドラッカー名著集)とにらめっこ。 ドラッカー教授の言葉は実践するためのもの。目線を上げて、ドラッカー思想を世のため人のために伝達する方法を模索中。

“【実践するマネジメント読書会®@札幌 中継記事その4】意思決定とは何か、って書いてある…けど、まずは意思決定に必要な準備をしましょう♪”への2件のフィードバック

  1. 五月女 圭司 より:

    布田さん
    リアルな読書会レポートから、「意思決定」の重要性が伝わってきます!

    • 布田ゆかり 布田ゆかり より:

      とめさん‼️いつもありがとうございます😊
      1年に1回しか巡ってこない各章の読書会、大事な大事な機会だな、と改めて感じました。
      意思決定はとっても重要‼️だけどもっと身近に‼️皆さんの元にお届けできるようこれからももっともっと頑張ります🎶

コメント