ドラッカーの『テクノロジストの条件』を読み合う「社会生態学研究会」の第1回目が札幌で開催された


ものづくりが文明をつくる。

P.F.ドラッカーの『テクノロジストの条件』(ダイヤモンド社)を読みあう「社会生態学研究会」の1回目が8月30日(木)、道銀ビルのセミナールームで開催された。主催はナレッジプラザ。参加者は11人。企業経営者や公務員、会社員やフリーランスなど、さまざまなドラッカーファンが集った。

初回は『テクノロジストの条件』のプロローグ。「未知なるものをいかにして体系化するか」という章を読み進める。「われわれはいつの間にか、モダン(近代合理主義)と呼ばれる時代から、名もない新しい時代へと移行した」という書き出しからスタートする。「われわれの世界観は変わった」とつづくこの章は、実は、1957年に初出された『変貌する産業社会』に収められた論文だ。実に61年前のドラッカーの指摘は、まさに現代のことを予見しているかのよう。ドラッカーによれば、現代の変化は“断絶の時代”と表現され、1965年ごろから2025年ごろにかけて行われるという。しかし、この章に書かれていることは400年くらい前の“大転換期”に起きた、世界観が一変したことについての洞察だ。

 

・現実はモダンを超えた

・全体は部分の総計か

・因果から形態へ

・目的論的世界観

・新たな哲学

・われわれが必要とする体系

・進歩からイノベーションへ

・かつて変化は破局を意味した

・イノベーションのコンセプト

・未知なるものの体系化

・ひらめきと体系化

 

むずかしい小見出しが並ぶ。本文はそれより一層むずかしい(笑)。わたしは事前に3回もこの章を読んだが、内容はさっぱり理解できなかった。参加者のほとんどが、同じような感想を述べていた。しかし、ファシリテーターの佐藤等さんの解説により、なんとなく、ドラッカーが見ていた世界がおぼろげながら見えてきた。

「未知なるものの体系化」。ドラッカーは後に、マネジメントというものを体系化した。イノベーションというものも体系化してみせた。いずれも、未知なるものを体系化したのだ。その痕跡があちこちに見られる章となっている。

ドラッカーの読書会には、通常、配置されない章が並ぶ今回の研究会/読書会。

ドラッカー思想の背景というか、深い部分を探るにはとてもいい機会だ。

普段、あまりふれることが少ない分野の読書トレーニング。

負荷をかけたい人はぜひ参加を。

▲参加者のスゴい本!

 

・次回は9月26日(水)、18時半〜20時

・範囲は『テクノロジストの条件』の1章と2章

・ナレッジプラザ会員とマネジメント読書会会員は無料。それ以外の人は1回5千円。    

・申し込み 実践するマネジメント読書会

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
花岡 俊吾
1965(昭和40)年、北海道恵庭市生まれ。高崎経済大学卒業、(株)ピーアールセンターにて広告・マーケティング業務に従事。2007年独立、「北海道体験.com」のプロジェクトに参画。人口減少の道内経済に貢献すべく、北海道の新しい体験観光情報の発信をライフワークにする。カメラを片手に、年間100日以上をアウトドアフィールドで取材活動。新聞記事連載やWEBコンテンツ制作がメインの仕事。P.F.ドラッカーの読書会、札幌ビジネス塾に10年以上通い、上田惇生先生のサイン入り『経営者の条件』は家宝。著書に『アウトドア&感動体験ガイド北海道』(北海道新聞社)。休日はマラソンと登山に勤しむ。

コメント