システム構築を生業とするKさん、初めてドラッカーの読書会に参加する~第1回 ドキドキのスタート♪~何を感じ、どのように実践し、成長していくのか@札幌


〈この連載では、主人公であるKさんが「読書会」に参加する中で、どんな風に変化し、どんな風に実践しているか、参加者さんの視点を軸にお届けしてまいります♪

特に、「実践するマネジメント読書会®」に参加したことがない方、読書会に絶賛参加中!!…だけどどのように実践につなげていけばいいのかな…(~_~;)などお悩みの方々と一緒に歩みを進めていけたら嬉しいです(^-^)

多くの方の人生が輝くための補助線として「読書会」を活用していただきたい!!という想いを込めて♪ひよっこファシリテーター布田がお伝えします!!〉

 

2017年9月17日、札幌 ベーシック エグゼクティブコース第1回目が開催されました。

書籍は『経営者の条件』、範囲は第1章「成果をあげる能力は修得できる」。

この読書会は、こっそり開かれています。「実践するマネジメント読書会®」を開催する資格を付与されるファシリテーター養成講座の終了を目前にして、実践するには場数あるのみ!!ということで、友人知人に声をかけトレーニング読書会として実施しているから…まだまだひよっこファシリテーター(ここからはFTとします♪)、皆さまに実践する言葉がたくさん詰まった道具箱をお渡しするため日々トレーニングです!!

 

…この読書会の参加者さんの1人、Kさんがこのシリーズの主役です。Kさんは、学校卒業後に勤めたソフト会社で長年システム構築を担当、会社と家を往復するだけの生活を抜け出したくてモヤモヤ中…

 

「実践するマネジメント読書会®」を立ち上げた佐藤等先生の拠点である札幌には、ドラッカー先生の言葉を多くの方に伝えることで、世のため人のために何ができるかを考えながら自分で読書会を開催しているFTの方がたくさんいらっしゃいます。そのため、札幌ではたくさんのFTが複数の読書会を並行して開催しています。「実践するマネジメント読書会®」は通常月に1回、『経営者の条件』の対象となる章1つをみんなで一緒に読み解いていく1クール全10回、10ヶ月かけて開催されます。今回ご紹介するトレーニング読書会を皮切りに、たった1年半で『経営者の条件』読書会3クールを終了しようとしている参加者さんがいらっしゃるのです!!ぎゅうぎゅう詰めのドラッカー漬けが楽しくて仕方ない!!と彼女は笑います(*^▽^*)

 

Kさん、ドラッカー先生と出会う

Kさんは、吉田麻子先生の著書『人生を変えるドラッカー』からドラッカー先生との関係がスタートしています。何か変わるチャンスが欲しい、といろいろ探していたKさん。昔同じ職場だった方から麻子先生が主催する志喜彩塾という講座を紹介されました。その流れで参加したのが『人生を変えるドラッカー』という本を用いた読書会(ここからは「人ドラ読書会」とします♪)でした。知ってる人に誘われて参加する、ということで、スタートのハードルはちょっと低めでしょうか(^_^)

そこで出会ったのが、今回FTをつとめる斎藤さん。斎藤さんが参加していたファシリテーター養成講座と人ドラ読書会の開催時期が重なっていました。ファシリテーター養成講座の中でファシリテート能力を高めるためには実践あるのみ!!と感じた斎藤さん、人ドラ読書会参加の方々にトレーニング読書会への参加を呼びかけました。そこで集まった仲間が今回の読書会の参加者さんです。「人ドラ読書会」は女性に大人気の読書会。早い時期(2期生)から佐藤先生のもとでファシリテーター養成講座に参加し、ファシリテーターとして活躍されていた麻子先生が開催する読書会なので、開催スタイルは同じです♪でも本が違う!!『人生を変えるドラッカー』は小説だからするっと読めたけど、なんか難しい書き方してるから読みにくい!!でも気になるから買っちゃったし…読書嫌いのわたしでも大丈夫!?

…そんなところからスタートした、Kさんとドラッカー先生とのお付き合い。読書会へのお試し参加体験をご提供できるかも?と想っております♪お付き合いいただければ幸いです(^_^)

やっぱり、麻子先生の『人生を変えるドラッカー』の影響力ってすごいです!!『経営者の条件』が日常に密接して描かれているので、読んだ方の日常にも寄り添っていくんですよね!!素敵だなぁ…♪吉田麻子先生のブログはこちら♪

♪『人生を変えるドラッカー』を100倍活用するための連載がスタートしました♪

 

 

まずは布田(私)と一緒に養成講座9期(このシリーズでは「9キーズ」と呼びます(*^▽^*))に参加した同期の斎藤FTの読書会からスタートです!!

話し手:Kさん、記録:布田。ここからは、Kさんのお話に基づき読書会を再現していきます…

 

 

Kさん、ドキドキの読書会初回スタート!!

今日のメンバーは、斎藤FTの「トレーニングに付き合ってください!!」という問いかけに賛同した女性陣、自分も含めて3名、女性だけの読書会です。ドラッカーの書籍を用いた読書会には初参加!!でももともと違う学びの場で出会った仲間たちと一緒に過ごす時間でもあるので、気心知れた心地よい時間です。勤めていたり、セラピストさんだったり、立場も年齢も様々です。会場は、気後れせずに参加できるよう、札幌市内のカフェがチョイスされています。ん~♪女子っぽい(@^▽^@)

さて、最初の発表はどこをあげようかな…

「成果を上げることは一つの習慣である。実践的な能力の集積である。実践的な能力は習得することができる」(『経営者の条件』p42)

…読み始めてはみたものの、読み進められません(゜◇゜)この会があるからなんとか読んできたけど…その中で気になったのは、成果を上げる能力は習得できるんだ、というところ。びっくりしました!!

これに対し、斎藤FTからは…

「自転車に乗る本を読んだからって乗れるようにはなりませんよね?泳げるようになる本を読んだからって泳げるようにはなりません。能力も同じです。繰り返し行動するから習慣になって自然と行動できるようになる、能力が習得された状態になります。だから第2章の時間管理から、貢献、強みを知る、集中する、意思決定するという5つを繰り返して習慣化してください。実は、この順番もとても大切です。そして気になったところや、ぴん!ときたところを言葉にして発してみてください。言葉にすると、相手にも伝わるし、自分自身ももう一度聞くことになるのでより意識に届くようになります。読めなくても大丈夫です!!わからないというのは、理解しようとしてるから!!この『経営者の条件』という赤い本は道具箱です。色んな言葉という道具が格納されている場所なので、言葉に出会うために読んでみてください♪使える言葉に出会い使ってみてください♪」

…なるほど!!理解しようとしなくて良いんだ!!言葉に出会うことを目的にすれば良いのか!!次はもう少し楽に読めるかなぁ…。

ちなみに、他の参加者さんは、こんなところが気になったそうです。

「しかし本書は、トップが行っていることや行うべきことについて述べたものではない。知識労働者として自らの組織の業績に貢献すべく行動し、意思決定を行う責任を持つあらゆる人たちのために書いたものである。すなわち私がエグゼクティブと名付ける人たちすべてのために書いたものである。」(『経営者の条件』p27)

少し前に異動した際に引き継ぎがうまくできず、元いた職場がうまく機能しなくなってしまった。ちょうど今、隣の部署でも異動の話が出てるみたいで、同じことが起こってしまうんじゃないか、気になってるんです。そこで「組織の業績に貢献すべく行動し」というところが引っかかりました。

…すごく共感!!異動の経験があるので、そこで必要とされていろいろやってきたけれど、次の人にそれがうまく引き継げなくて、継続しなかったから…組織に貢献してない感じがあったなぁ。同じ章を読んでるけど、違うところに気付くんだ…。

 

もう一人のひよっこFTの布田、考え…ていたのですがΣ(゚д゚lll)

ひよっこ布田FT、ただいま修行の旅に出ております!!

初投稿の時からご覧いただいていた皆さま、しばしのお別れです(笑)

読書会に参加されてる方に、そしてKさんにとって1番大切な道具である【言葉】を選んで届ける力をもっともっと高めたい!!と思うようになり、一旦このコーナーをパワーアップするべくお休みすることにしました。

またどこかの機会で復活したいなぁ♪と考えております!!

 

第1回目、まだまだ勝手のわからない中でスタートした読書会。

次回は「第2章 汝の時間を知れ」。ここから実践スタートです(*^▽^*)

Kさんは何を感じ、何を実践してくれるのでしょう♪布田も一緒に勉強します!!

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
布田ゆかり

布田ゆかり

気づけば所在地も6箇所目。たくさんあるようで、それぞれの地域にしっかり根付くことができなかった反省もありつつ、これまでの中で一番の都会、札幌で人の多さに気後れしながら奮闘しています。身長低いのに、大きなリュックを背負ってたら、それは私かもしれません…。 ドラッカー教授の言葉との出会いと挫折からここまでたどり着けているのは、佐藤先生と佐藤先生の門下の方々に優しく受け入れてもらえたから。このご恩をお返しするため、日々赤い道具箱(ドラッカー名著集)とにらめっこ。 ドラッカー教授の言葉は実践するためのもの。目線を上げて、ドラッカー思想を世のため人のために伝達する方法を模索中。

コメント