著者が語る『人生を変えるドラッカー』を100倍生かす方法!主役の一人、夏子の場合その1「この人の強みは何だろう!?」―人生を変えるキッカケとなる5つの習慣


皆さんこんにちは!

今週も『人生を変えるドラッカー』の内容を使って、ドラッカー『経営者の条件』の成果をあげる5つの能力を解説していきますね!今週から「人の強みを生かす」を掘り下げていきますよー。

どうぞよろしくお願いいたします☆

さて今週からは主人公の一人である青柳夏子が体験した例を用いて「人の強みを生かす」を掘り下げていきます♪

青柳夏子は札幌の研修会社ポテンシャルで働くOLです。

大きな受注がキャンセルとなり倒産の危機にあえぐ会社。泥船から逃れるようにどんどんやめていく仲間たち。

夏子は敬愛する北原社長を最後まで支えようと、残った若い社員たちと会社の再建に向けて奮闘していきます。

知り合いだった杉並柊介に誘われてドラッカー読書会に通うようになってから、夏子の仕事への考え方がどんどん変わっていきます。

(以前の記事では自分が「知識労働者」であるということを意識してから夏子の考え方が変わっていったことを書きました)

では具体的に引用をしていきます。

 

この人の強みは何だろう!?

ー以下引用ですー(一部省略して抽出しています。※部分は今回追記しています)

青柳夏子は自宅でココアを飲みながら、ドラッカー読書会の学びを振り返っていた。すっかり書き込みが増えた濃紺のノートに向き合うと気持ちが静まる。

※夏子はドラッカーの学び専用のちょっと高級なノートを用意し、いろいろと書き込んでいるんです。

ふと、「人の強みを生かす」章の冒頭が目に留まった。

成果をあげるには、人の強みを生かさなければならない。弱みからは何も生まれない。                              (『経営者の条件』p102)

 (それにしても、今日は翔平に悪いことしちゃったな……)

※後輩の翔平の対応にお客様がご立腹になってしまい、夏子は翔平を叱るのです。

 夏子はカッとなり、「あなたは繊細さに欠けるのよ」と声を荒げてしまったのだ。しかもみんながいる前で。いつもは快活な翔平が、すっかり落ち込んでいた。

(翔平の強みって何だろう……)

 彼にはリスクを伴っていても物事に挑戦しようという、前向きな気持ちがある。そんな翔平に引っ張られるように、いままでみんなも士気をキープできたのだ。

(それなのに……、私、最低だわ)

 夏子は大きなため息をついた。

 

引用を終わります。

まずはこの気づきから始まります。

ついつい(特にお客さんからクレームが入ったようなときなど)、職場のメンバーの「欠点」に目が行ってしまいませんか。

どうしてあの人ってあれができないんだろう、とか。

どうしてこうしてくれないんだろう、とか。

ついつい「欠けているところ」に目がいってしまいます。

そしてその人がその欠けているところを直してほしいな、補うように努力してほしいな、という思考回路になっていってしまいます。

しかし、その人の弱みを補うためにする努力と、その人の強みを伸ばすためにする努力とでは、強みを伸ばしたほうが成果があがるのです。

そのためには弱みにだけ目がいってしまう思考回路を、「強みに目を向ける」ように転換していかなければなりません。

これは私にとって思考革命でした!

「この人の強みはなんだろう」とまずは考える練習をするところからです。

夏子も家でココアを飲みながら「翔平の強みは何だろう」と考えるようになりました。

このささいな転換点が将来を大きく変えるのです。

「この人の強みはなんだろう」と、職場の仲間の誰かのことを考えるレッスンをしてみてくださいね。弱みはひっくり返すとものすごい武器なのかもしれないですよ☆

 

次回は、さらに「人の強みを生かす」を夏子のシーンを使って取り上げていきますね!

お楽しみに☆彡

お読みくださりありがとうございました☆

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
吉田麻子
(株)カラーディア代表取締役、カラーセラピスト、パーソナルカラーリスト、カラーコンサルタント、ドラッカー読書会ファシリテーター、志喜彩塾塾長、作家、函館市西部地区にあるブックカフェirodoriオーナー。 ◎色彩検定1級、東商カラーコーディネーター検定ファッション色彩1級、東商カラーコーディネーター商品色彩1級、東商カラーコーディネーター環境色彩1級。 ◎「人は必ず輝く!」をテーマに、色彩やドラッカーなどの講演、講座、セミナー、執筆等の活動を実施。志を立て、身の回りのことに喜び、彩り豊かに生きる「志喜彩塾」を全国(札幌、青森、岩手、仙台、新潟、東京、浜松、名古屋、伊那、富山、大阪、神戸、福山、徳島、高知、下関、北九州、久留米、熊本)で実施するほか、なないろ塾、カラーセラピーやパーソナルカラー、ドラッカー読書会、カラーリストと読む源氏物語等の講座を実施している。オーナーである函館のブックカフェirodoriにて連日実施している「カラー占い」も好評。 ◎ 著書に『7色のすごいチカラ!』、『実践する色彩学』(ともにエイチエス)。 『人生を変えるドラッカー』(ダイヤモンド社)。◎ほぼ毎日発行のまぐまぐ有料メルマガ「吉田麻子のLOVEPOWERエッセイ」が好評。

コメント