人生100年時代の先人:絵で見るドラッカーの人生【1998年】(1909〜2005年)


絵で見るで見るドラッカーの人生【1998年】

『ハーバード・ビジネス・レビュー』収載の珠玉の論文

本書収載の論文は、社会、組織、マネジメントについての代表的評論といってよいものばかりです。たとえば、『イノベーションと企業家精神』のもとになった1985年の論文では、「イノベーションには、他のあらゆる仕事と同じように、才能、創意、知識が必要である。しかし、本当に必要なのは目的意識を伴う激しく集中的な労働であり、勤勉、忍耐、決意がかけているならば、せっかくの才能、知識も役に立たない」と断じています。

単行本として世に出るに、そのエッセンスを読むことができるのが論文のメリットです。ドラッカー自身も、「私も論文を書くのを好んでいる」と述べています。

2006年には、『ハーバード・ビジネス・レビュー』掲載の全論文を収録した『P・F・ドラッカー経営論』が出版されています。全400ページの重厚な一冊です。『P.F.ドラッカー完全ブックガイド』より

※この情報はドラッカー入門 新版』p.281~の「ドラッカー年譜」をもとに制作しています。より深い背景の理解には同書をお薦めします。

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
アバター

五月女 圭司

『人生を変えるドラッカー』を読んで「人生は変えられるよ!」と、神さまの声が聞こえた気がした56歳会社員。己と向きあうには師匠がいる。私の師匠はドラッカー教授の「ことば」(お逢いしたことはありませんが…)。個人も組織も「地域貢献」が人生のテーマ。私のミッションは「人」と「ドラッカー」と「音楽」をつないで笑顔が絶えない社会を創るために日々まい進すること。

コメント