組織内読書会に潜入しました!!~第2回 時間管理、挫折せずにはいられない…~どこに、どんな風に、焦点を合わせる?@札幌


〈この連載では、一万人超えの人員を抱える規模の組織内で開催されている読書会の模様をお伝えします♪
皆さん、どんな視点でご自身が所属している組織を見ていますか?職場で「これから」をより良くするために認識を共有する場はありますか?仲間と一つのテーマについて話をする機会はありますか?
新たな視点をお届けできたら良いなぁ(*^▽^*)
多くの方の人生が輝くための補助線として「読書会」、もっと大きく捉えて「ドラッカー先生の言葉」を活用していただきたい!!という想いを込めて♪ひよっこファシリテーター布田がお伝えします!!〉

 

2019年3月13日、ドラッカー読書会が開催されました。
書籍は『経営者の条件』、範囲は第2章「汝の時間を知れ」。

※このシリーズでは、組織内読書会を中継しています(^ ^)
ファシリテーター(以下「FT」とします):6名がクジ引きで参戦しています。
記録:布田 でお送りしております♪
組織内読書会、個別具体な事業の話もぽろぽろと…内緒の話がたくさんあるぞ!?ということで参加者さんもFTも匿名となります。ご了承くださいm(_ _)m
記録者であるひよっこFT布田がたまにしゃしゃり出て、コメントするかもしれません(^皿^)

[ドラッカー読書会 『経営者の条件』 第1章「成果をあげる能力は修得できる」]はこちら

 

この組織内読書会は、同じ会場同じ時間帯で初級(指定図書は『経営者の条件』)と中級(指定図書は『現代の経営』(上・下))が開催されているので、中級の参加者さんは初級に参加できません。
今クールは初級のみの開催となったため、普段は中級に参加されている方々の参加率がとても高くなっています。
ただ年度末の組織内読書会、開催するのはなかなかシビアなものでして…冬なので体調崩す方もちらほら…年度の締め業務に追われる方もちらほら…そんな中、3名の方にご参加いただきました!!ありがたいことです(;ω;)

 

早速、各論(時間管理、貢献、強み、集中、意思決定)の1つ目「時間管理」です!!

 

時間管理、続かなくって凹みます…

「修得すべき能力の1つ目ですよね。「記録する、整理する、まとめる」(『経営者の条件』p46)という流れの中で、記録するというのが、途中で嫌になってしまうんです。個人の資質のせいだけなのかな…本当はすごく難しいことを求められてるのではないでしょうか。
特異な資源、物理的な「もの」と異なるんだな、という感じが強いです。アプリとかいろんな方法でやってるお話もたくさん聞くし、合う方法は人それぞれ、というのは分かっているけど、自分が何でできないのか…引きずってます。」

これに対し、FTからは…

「この章、読んでると憂鬱になるんですよね。
読書会に原理原則を学びに来てて、それができないなんて…時間管理の難しさもあるし、時間管理をしなければならないということが納得できていないんですよね。
私も最初、アプリでもExcelでも続きませんでした。
この読書会の基礎を作った師匠の佐藤等先生から「時間管理が最も成果が上がる1つの行動です。時間管理さえすれば成果出ますから。今この場にいる人は全員続けないと思うけど、次回この場に皆さん実践して持参してください。」と言われたことがあって、1ヶ月必死に記録しました。
時間管理が楽しくなったのは、何にどのくらいの時間を費やしているか、カテゴリ分けをして整理して、パーセンテージでの見える化をしてみてからです。
カテゴリ毎に、自分が力を入れなければならない業務、任せなければならない業務、廃棄する業務を見える化して、任せるとか廃棄するとかを今週はできたか、できなかったかを振り返ることができるようになってきました。
時間管理、まずは分析まで頑張ってみてください。試行錯誤中ですが、分析してみると、時間管理に関する意識が変わってくると思います。」

 

とても時間管理する時間も意識も確保できません… 

「『時間を管理できなければ、何も管理できない』(『経営者の条件』p76)というところを選択しました。
年度末を迎えるし、ばたばたするのは分かっていたので、いろいろ前倒しもしていたのだけど、最近ミスが多くなってきました。読書会には出たかったので、遅刻してでも参加したのですが、とっても懇親会に参加できるような状況じゃないので、懇親会は諦めました…。時間管理ができていないな………反省中です。」

これに対し、FTからは…

「立ち止まる余裕もない感じでしょうか。佐藤先生も良くおっしゃるのが、走りながら実践していくのではなく、時間管理は一旦立ち止まるという行為で、今の自分を見つめ直すことによって、新たなことを実施するスペースを確保して、このスペースで何をするか、どんな成果をあげるため、貢献をするかを考えるために実施するんだよ、ということなんですよね。
振り返る時間を作ることで立ち止まること、そこが大切です。
いろんな忙しいことから一旦意識を離すこと、そこから意識を自由にすることによって、滞っていたことがあっさり片付くかもしれません。
時間管理を実施することが大変なこと、すごくよく分かります。だからこそ、一旦立ち止まって振り返ってみてください。頭がすっきりして新しい視点が得られますよ!!」

 

さてさて♪次回の読書会は…?

…の前に…頭をすっきりさせるタイミングとして、読書会&懇親会を活用していただきたいです!!

読書会&懇親会に参加することで、今、目の前の大変なものから意識的に視点を外す、それだけでも、これまでと違った視点で問題を見ることができるし、頭もすっきり!!作業もはかどるかもしれません♪
ただ、お酒を飲んだ後のことは保証しませんけど^皿^

さて!!
次回お届けするのは第3章「どのような貢献ができるか」。
自分ができる貢献、言葉にして伝えることはできますか?
伝えることができるから、誰かに伝わることになります。貢献はそこからリレーされていきます。
組織にいるからこそ大事になってきます。
どう伝えましょう?何を伝えましょう?

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
布田ゆかり

布田ゆかり

気づけば所在地も6箇所目。たくさんあるようで、それぞれの地域にしっかり根付くことができなかった反省もありつつ、これまでの中で一番の都会、札幌で人の多さに気後れしながら奮闘しています。身長低いのに、大きなリュックを背負ってたら、それは私かもしれません…。 ドラッカー教授の言葉との出会いと挫折からここまでたどり着けているのは、佐藤先生と佐藤先生の門下の方々に優しく受け入れてもらえたから。このご恩をお返しするため、日々赤い道具箱(ドラッカー名著集)とにらめっこ。 ドラッカー教授の言葉は実践するためのもの。目線を上げて、ドラッカー思想を世のため人のために伝達する方法を模索中。

コメント