あなたの強みを生かす「逆転」の働き方(5) ~自分の仕事に不満をもつ【その1】価値ある不満とは?


あなたの強みを生かすための「逆転」の働き方ルール

についてお話させていただいております。

あなたの強みを生かす「逆転」の働き方シリーズ一覧はこちら

ここまでのおさらい

現代に働く私たちは、働き方が変わりました。

筋肉の力を使って、決められた作業を決められたとおりに実行する肉体労働者から、

たとえ体を動かしていても、

より適切な判断や、

より価値のあるものを探求すること

を求められる知識労働者としての働き方の時代となったのです。

 

そこでは、これまでの働き方やマネジメントの常識が通用しないだけでなく

「逆転」してしまう面があります。

このシリーズでは、そのポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。

 

「従業員満足」という言葉

前回までの一つ目は「頼まれた通りにしない」でした。

今回からの二つ目は「自分の仕事に不満を持つ」です。

「従業員満足」という概念について

ドラッカー教授は否定的です。

 

*******

働く人から最高の仕事を引き出すには、

いかなる動機づけが必要か。

通常、これに対するアメリカ産業界における答えは、

働く人の満足である。

しかし、この答はほとんど意味をなさない。

もし、万が一、働く人の満足が何らかの意味をもつとしても、

それは企業のニーズを満足させるには十分な動機づけとはならない。

「現代の経営(下)」 第23章 最高の仕事への動機づけ

********

 

従業員満足に意味がない?

 

初めて読んだときは理解に苦しみました。

しかし、そのあとに6つの満足や不満の例が書かれていました。

私は、これに深く納得しました。

 

価値ある不満を

その6つの不満とは・・

⓵仕事において何かを達成しているがゆえに満足

②大過なく過ごせるがゆえに満足

③何事にも不満を持つがゆえに不満

④より優れた仕事を行いたいがゆえに不満

⑤自分自身やチームの仕事を改善したいがゆえに不満

⑥より大きな仕事をよりよく行いたいがゆえに不満

 

みなさんは、どれが「価値ある不満」だと思いますか?

そして、どれが「価値のない満足」だと思いますか?

 

おそらくは、④⑤⑥は多くの方が「価値ある不満」だと認めてくれると思います。

逆に、②は、「価値のない満足」です。

 

「うちの会社ってさぁ、何にもしなくてもいい給料もらえるんだよ。」

とか、

「失敗してもしなくても、毎年定額昇給する制度があって安心。」

なんてセリフを言い合っている組織は、

お客様をないがしろにしている可能性があります。

 

ひょっとすると、

その組織の先人たちがつくった仕組みがまだ十分に機能していて、

収入は確保されていたとしても、

いずれ滅びる組織です。

 

「価値ある不満」を持つ。

それが、この項のお話です。

 

Q:あなたが持っている「価値ある不満」は何ですか?

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
清水祥行
『ドラッカーを読んだら会社が変わった!(日経BP社刊)』編集協力。 中小企業におけるドラッカーのマネジメント実践をサポートする[実ドラ・実践ナビゲータ]。 『実ドラ:実践するドラッカー』シリーズ(ダイヤモンド社)をテキストに、1日一冊で、マネジメントを実践的&体系的に学ぶ[実践するマネジメント講座]の講師を全国で務める。  趣味は、受講企業に訪問して実践事例を取材するとともに、自社では気付かない強みをフィードバックすること。

コメント