ピーター・ドラッカーの名言〜新入社員が知っておきたい10のことば


 

P.F.ドラッカーの名言集が集められた『仕事の哲学』(ダイヤモンド社)。最高の成果をあげるための金言が集められた一冊だ。編訳者の上田惇生先生によるあとがきには、集めた名言は7,000を超え、その中から「社会的な存在としての一人ひとりの人間とその仕事」をテーマに約200を選んだものが本書であると書かれている。

 

以下はその約200の名言の中から、新入社員に役に立つであろう10の名言を抜粋し紹介する。

 

気になったことばがあれば、ぜひ本書を手にとってほかのことばも読んでほしい。また、これらの名言は『』内が出典本を示している。こちらの原本にもあたって前後の文脈とあわせて、ドラッカー思想を手にいれてみてほしい。きっと長いビジネス人生のどこかで役立つだろう。

 

1 能力が人を変える

自らの成長のために最も優先すべきは、卓越性の追求である。そこから充実と自信が生まれる。能力は仕事の質を変えるだけでなく、人間そのものを変えるがゆえに、重大な意味を持つ。

『非営利組織の経営』

 

2 予期せぬ成功を追求する
自らの成長につながる最も効果的な方法は、自らの予期せぬ成功を見つけ、その予期せぬ成功を追求することである。ところがほとんどの人が、問題にばかり気をとられ、成功の証を無視する。

『非営利組織の経営』

 

3 何によって人に憶えられたいか
私が13歳の時、宗教の先生が生徒一人ひとりに「何によって人に憶えられたいかね」と聞いた。誰も答えられなかった。先生は笑いながらこういった。「いま答えられるとは思わない。でも、50歳になって答えられないと問題だよ。人生を無駄に過ごしたことになるからね」。

『非営利組織の経営』

 

4 成果をあげるための5つの能力
成果をあげるための実践的な能力は5つある。第一に、何に自分の時間がとられているかを知り、残されたわずかな時間を体系的に管理する。第二に、外部の世界に対する貢献に焦点を合わせる。第3に、強みを中心に捉える。第4に、優先順位を決定し、優れた仕事が際立った成果をあげる領域に力を集中する。最後に、成果をあげるよう意思決定を行う。

『経営者の条件』

 

5 努力では習得できない資質とは
習得することができず、もともと持っていなければならない資質がある。他から得ることができず、どうしても身につけていなければならない資質がある。才能ではなく真摯さである。

『現代の経営』

 

6 組織に対する貢献を問う
組織に対する自らの貢献を問うことは、いかなる自己啓発が必要か、いかなる知識や技能を身に付けるか、いかなる強みを仕事に適応するか、いかなる基準を持って自らの基準とすべきかを考えることである。

『経営者の条件』

 

7 知識労働者は専門家せよ
知識労働者はほとんどが専門家である。彼らは1つのことだけをよく行うとき、すなわち専門家したとき大きな成果をあげる。

『経営者の条件』

 

8 自己啓発が組織を導く
一人ひとりの自己啓発が、組織の発展にとって重要な意味をもつ。それは、組織が成果をあげるための道である。成果に向けて働く時、人は組織全体の成果水準を高める。彼ら自身および他の人たちの成果水準を高める。

『経営者の条件』

 

9 集中するほど多くの仕事ができる
時間と労力と資源を集中するほど、実際にやれる仕事の数と種類が多くなる。これこそ、困難な仕事をいくつも行う人の秘訣である。1時に1つの仕事をする。その結果、他の人より少ない時間しか必要としない。成果をあげられない人の方が多く働いている。

『経営者の条件』

 


10 時間からスタートせよ
成果をあげる者は、仕事からスタートしない。時間からスタートする。計画からもスタートしない。何に時間がとられているかを明らかにすることからスタートする。次に、時間を管理すべく、時間を奪おうとする非生産的な要求を退ける。そして最後に、得られた自由な時間を大きくまとめる。

『経営者の条件』

 

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
花岡 俊吾
1965(昭和40)年、北海道恵庭市生まれ。高崎経済大学卒業、(株)ピーアールセンターにて広告・マーケティング業務に従事。2007年独立、「北海道体験.com」のプロジェクトに参画。人口減少の道内経済に貢献すべく、北海道の新しい体験観光情報の発信をライフワークにする。カメラを片手に、年間100日以上をアウトドアフィールドで取材活動。新聞記事連載やWEBコンテンツ制作がメインの仕事。P.F.ドラッカーの読書会、札幌ビジネス塾に10年以上通い、上田惇生先生のサイン入り『経営者の条件』は家宝。著書に『アウトドア&感動体験ガイド北海道』(北海道新聞社)。休日はマラソンと登山に勤しむ。

コメント