さあ才能に目覚めよう!~自分の資質を知る&活かす~6月18日北海道帯広にて講演します


「強みを知る方法は1つしかない。フィードバック分析である。何かをすることに決めたならば、何を期待するかを直ちに書きとめておかなければならない。そして九カ月後、一年後に、その期待と実際の結果を照合しなければならない。(中略)この手法を実行に移すならば、二、三年の短期間に、自らの強みが何であるかが明らかになる」『明日を支配するもの』

 

ドッラカー教授は強みと弱み、得意な仕事の仕方を知る方法としてフィードバック分析を行いました。

フィードバック分析で確かに強みを知ることはできるでしょう。しかし時間もかかります。世の中では強みや長所などに関する自己分析ツールがあります。これらも有効につかって効果的にフードバック分析をすることが求められます。

今回は、『実践するドラッカー【思考編】』で紹介された「ストレングス・ファインダー」(以下、SF)という診断方法で「強みとなりうる資質」=“才能”を見つける方法を紹介したいと思います。

 

SFは人間が持つ最も普遍的な資質を34パターンに分け、あなた自身の“才能”を知るのに有効な方法です。

これによってあなたの強みの源泉である「トレードマークなる5つの資質」を手に入れることができます。

 

SFを開発したGallup社では『才能』と『強み』を以下のように定義しています。

  • 『才能』とは、生産的に適用できる思考、感情、行動の自然な繰り返しパターン
  • 『強み』とは、特定の作業において、ポジティブな結果を一貫してほぼ完璧に生み出す能力

強みを完成させるには「“才能”から育て上げる」と言っています。

 

さて、『明日を支配するもの』第6章で、上記のフィードバック分析に続けて、以下の「7つの行うべきこと」が明らかになると記述されています。

  • 強みに集中する
  • 強みをさらに伸ばす
  • 知的な放漫を正し、強みを発揮するうえで必要な技能と知識を身につける
  • 悪癖を改める
  • 人への対し方の悪さを改める
  • 行ってはならないことを行わない
  • 並の分野での能力の向上に無駄な時間を使うことをやめる(強みに集中する)

 

SFをやって自分の「強みとなりうる資質」=“才能”が分かりました。

 

今回の講座を通じて“才能”を強みに育て上げ、上記の「7つの行うべきこと」に集中しませんか!

 

当日は、

  • 才能の理解を深める
  • Top5の資質が自分自身に与える力や機会に気づく
  • 自分の資質を開発するための実践テーマを決める

これらをゴールとします。

 

みなさんと帯広の地で共に学べることを楽しみにしています。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

お申し込みはこちらから!

◆ご注意

  • SFでご自身のTop5または34の資質を知っていることが参加要件となります。
  • SFを受けていない方は、講師の林まで(hayashi@linkc.com)ご連絡下さい。診断を受けるお手伝いをさせていただきます。
  • 講演中に受講される方の資質を一覧にして配布する予定です。事務局まで皆さんの資質を報告願います。

 

=====開催要項===== 

日時:令和元年6月18日(火) 
    講演の部18:00~20:30 
    交流の部20:45~22:00 

会場:北海道ホテル(帯広市西7条南19丁目1番地) 
http://www.hokkaidohotel.co.jp/access/index.shtml 
   
参加費:ナレッジプラザ会員・・・無料 
    一般の方・・・6,000円
   (懇親会参加費別途4,000円) 
※懇親会キャンセルは2日前までにお願いいたします。それ以降の キャンセルは実費を頂戴いたします。予めご了承ください。 

お支払い方法:当日受付にてお申し付け下さい。 

====お申込みは6月13日(木)までにお願い致します==== 

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
m.hayashi

m.hayashi

1965年神奈川県鎌倉市生まれ。 平成9年 鎌倉市大船に有限会社リンクコンサルティングを設立し代表取締役に就任。 平成18年株式会社コーチ21のクラスコーチに認定されプロコーチとして後進の指導に従事。 GALLUP認定ストレングスコーチ・生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ資格を持つ。

コメント