【歯科衛生士である私が学び皆さんに伝えたいドラッカーさんのマネジメントの教え 第24回】 何度だって挑戦できる勇気。そして、yellがドラッカーさんの本の中にあります。


歯科衛生士である私が学び皆さんに伝えたいドラッカーさんのマネジメントの教え シリーズ一覧

何を意識をするか

何にフォーカスするかで

得るもの

感じるもの

経験するものすべて変わります。

読書会で、参加者の女性が

「私じゃなくて他の人にしてもらった方がもっといいサービスが受けてもらえるんじゃないか?と悩んでいた時期があった。貢献ではなく、自分に焦点が当たっていると上司が教えてくれ視点が変わった。」

私も、歯科衛生士で働きながら…

スキルや技術の面で不安な時期、悩んだ時期がありました。

専門職、技術職ならではの悩みかもしれません。

10年以上、その道一筋で熟練されたものならまだしも

未熟練の時期に、経験だってまだまだ少ないわけですから。

最初のころは右も左もわからず不安で普通です。

責任感をもって仕事に向かい合っていれば必ず悩むことかもしれません。

とくに、商品を売る。何かを作る。商品をお客さんに届けるといったものは、何らかの形あるものがあるのでわかりやすい。

サービス、医療など形ないものは

ニュアンス的な、何か、輪郭がない感覚があります。

お客さんに届くものは、形のないものですから…正解がわかりにくい。

歯科衛生士を続けながら、私が患者さんに提供できるもの。

患者さんにとって価値あることはなあんだろうか?とずっと考えてきたことがあります。

「私が担当する患者さんには、自ら健康を維持管理できる知識と手段を提供すること。健康な人生を自ら得れるようになるために、そのためのサポートとコーチになること。」

顧客にとっての価値は?

それを考えることが、最もシンプルになることです。

歯科衛生士という仕事はあくまでも、手段。

その仕事で、どんな価値を提供するのか?

もちろん、自立したくなさそうな人には…

タイミングをお伺いいします(笑)

不安や悩みを抱えている患者さんに寄り添ってあげたい

素敵な時間を提供したい

癒してあげたい

最新の技術を提供したい

同じ歯科衛生士でも、一人ひとり大切にしている価値観があるはずです。

ここ最近、いろんな壁にぶつかり(笑)

なかなか、ブログ書くことができませんでした。

実践しても失敗ばかり。

うまくいかない。

どんなアプローチをしても…

もう、投げ出してしまいたい。

職場も変わってしまおうかと投げやりになっていました。

うまくいかないとき、

成果が出ないとき

考えが行き詰ったとき

組織が、会社が、上司が、同僚が、あの人がわかってくれないから。

理解してくれないから

これが足りないから、

時間がないから

人が足りないから…

…だから、…のせいで

きっと、そのできない理由にフォーカスしている限り

出来る方法を考えることをやめていることにやっと気づきました。

そして、

たいていは、見るべき成果を忘れています。

そう、ドラッカーが教えてくれる成果とは外の世界の変化なんです。

できない理由は、だいたい内の世界(組織の中)の問題だということ。

この、出来ない理由が解決したところで大きな成果になるだろうか。

私も、自分に焦点をあて貢献を考えることができていませんでした。

自分に焦点を当てていると、悩みもいつまでも解決しません

暗い長いトンネルに入ってしまいます。

ドラッカーが問う「経営者に向けた大事な5つの質問」があります。

第一 われわれの使命は何か

第二 われわれの顧客はだれか

第三 顧客にとっての価値は何か

第四 我々の計画は何か

この質問は、経営者に限らず個人でも

暗いトンネルに入ったときに

自分自身に問いかけるとなすべきことがみえてきます。

悩んだり、つらいと感じたことは…

何かチャレンジをしたから。

実践したから失敗も経験できます。

そして、この経験をどういかすのか。

『経営者の条件』

第5章もっとも重要なことに集中せよ

優先順位にはいくつか重要な原則がある。

すべて分析ではなく勇気にか変わるものである。

第一に過去ではなく未来を選ぶ

第二に問題ではなく機会に焦点を合わす

第三に横並びでなく独自性をもつ

第四に無難で容易なものでなく変革をもたらすものを選ぶ

この4つを自分自身で問いかけます。

上手くいかなかった過去のことを考え続けるより、未来をよくするために何をしなくてはいけないかを考えます

この問題を機会とすれば何を得られたのか考えればいい

そして、私にできることはなにかを考え

私にしかできないこと、なすべきことは何か問います。

最後に、オリジナルとなるものはなにか。

誰にも真似できない。経験とスキルと価値観。

誰かの真似事では充分でありません。独自性です。

何に意識をするか、何にフォーカスするかで

得るもの

感じるもの

経験するもの

すべて変わります。

そして、また、頑張れる。

人は、希望がないと頑張れません。

逆を言えば、

人生の目的が明確になれば

そして、希望があれば

多少うまくいかなくてもまた頑張れるのです。

そして、

何をするのか、

どこに向かうのか、

すべて、自分で決めれます。

誰かに決めてもらうものでも

どこかに正解があるわけでもないのです。

自分で、検証しながらつくりあげていけばいいのです。

ハタからみれば、空回りかもしれない。

何をしてるかわからないかもしれない。

それでもいいのです。

やり続けてみればいいんです。

信じてやればいい。

「井戸は水がでるまで堀続けてみるんです。」と、ドラッカーを学ぶ先輩方はいつも教えてくれます。

ドラッカーの原理原則は必ず上手くいく方法ではありません。

でも、

原理原則を無視しては上手くいくことも上手くいかない。

そう、立ち止まり、

確認しながら修正しながら

ひとつひとつ実践してみればいいんです。

まちがったっていい。

上手くいかなかったとしてもいい。

すべては、挑戦しなければ得られない経験。

経験は自分の資産となるんです。

ドラッカーに出会っていてよかった。

道に迷ったとき

どこに向かえばいいのかわからなくなるとき

本をみると一筋の光がみえます✨

その先どんな景色があるかはわかりません。

でも、光が差し込みます✨

それは、希望かもしれない

自分自身の可能性を信じれるだけのものかもしれない。

成果をあげる能力を修得するということは

信じるための基盤を耕してる感覚。

自分の人生で、

片時も離れることのない人が一人いるとしたら…それは自分自身。

この成果をあげる能力を修得することで

自分自身の力と可能性を信じることができるだよ!っと、ドラッカーさんからのエールを感じます。

ここぞというときの自信はどこから沸いてくるでしょうか?

オリンピックの選手は世界の舞台で

揺らぎない自信はどこから得られるのでしょうか?

その揺るぎない自信は日々の実践からなのだと感じます✨

過去ではなく未来を…問題ではなく機会を見つめながらひとつひとつ✨

皆さんも、ぜひ、

ドラッカーの言葉に出会い

勇気とエールをもらってみてください✨

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
yukari1222

yukari1222

岡山の歯医者で 歯科衛生士として働いてます✨ ドラッカー歴3年目✨ 読書会を通して初めてドラッカーやマネジメントを知りました✨ 経営者でもなければマネジメントをしなくてはいけない立場でもありません。 立派な役職や実績や経歴があるんけでもありません。 部下一人いるわけでもありません。 そんな私ですが、 皆さんに唯一お伝えできることがあります✨ 組織で働くどんな立場の人でも どんな人にでも ドラッカーのマネジメントは実践できるということ。 そして、成果をあげる能力は習得できるもいうこと。 それは、私が実践してきたことです。 私がマネジメントを学ぶのか✨ マネジメントを 実践していくことで 何を知り、何を経験し、何を得ることができたのか✨ 私らしくお伝えしていけたらと思っています✨ このような機会をいただけたことに本当に感謝してます✨ どうぞ、よろしくお願いします✨

コメント