【歯科衛生士である私が学び皆さんに伝えたいドラッカーさんのマネジメントの教え 第26回】 …私ができることで何ができるか考えてみよう🧐評価測定ってこれも当てはまるの?


歯科衛生士である私が学び皆さんに伝えたいドラッカーさんのマネジメントの教え シリーズ一覧

測定することってなんでしょうか?

私の歯科医院では、売上目標と達成できたかの毎月数字の発表があります。

内容は、

「今月は、目標達成できました。来月も頑張りましょう✨」

「今月は、達成できなかったので来月は気を付けましょう。」

それだけでした。

その数字を聞いてもなんだかピンと来ません。

それは、

…なにをすればいいんでしょうか?

目標達成したとしても…なぜできたのかよくわかりませんでした。

実践するドラッカーのワークショップ形式のセミナーに参加しました。

アドバンスなので、

人と仕事のマネジメントの領域でした。

そこで、

「評価測定できる仕組みがいる」

と聞きました。

…評価測定…????

とりあえず、

「なにから測定すればいいんだろ?」

……🧐⌛?

私は、アンケート係をしています。

初診の患者さんに向けた満足度を知るためのアンケートをしていますが…

そういえば、初診の(新規の)患者さんって毎月何人来てるんだろ?

調べてみると45人程度

ふーん…。

少しさかのぼってみると

大体45~50人前後でした。

もう少しさかのぼって見ました。

去年は、50人から55人程度

(あれ?少し今年は減ってるのかな?)

もう少しさかのぼりました。

3年前は、60人以上来てるな…

5年前は、毎月平均で70~75人程度来てました。

この5年間で大幅な方向転換をしてきたわけでないはずです。

そこで、なぜ、初診(新規)の患者さんが毎月20人ちかく減ってきてるのか調べる必要があると感じました。

5年前は、医院がリニューアルをしたぐらいです。おしゃれで綺麗な建物、空間は患者さんに喜ばれています。

リニューアル時は、綺麗になっていく建物に患者さんもスタッフとても喜んでいました。

口コミも、ご紹介も多かったんだとおもいます。

このままでいいわけないな…。

なんで、新規の患者さんが減ってきてるんだろ?

予約がとれにくいのかな?

初診の(新規)患者さんが減ってるのだろうか?

このまま減り続けていいのだろうか?

なにか、測定してみるとわかるのだろうか?

…???

[初診の患者さんが電話を掛けてくれた]数

[実際に予約が入ってる]数

を調べてみるとどうだろ?

電話で予約を希望してるのに希望の予約がとれなくて患者さんが諦めてしまうという場合は

電話の数と予約の数が一致しないはず

そうなら、早急に予約のとりやすさを改善しなくてはいけない。

逆に、

電話の数と予約の数が一致してるのであれば…予約のとりやすさの改善をしたところで新規の患者さんは増えることはない。

まずは、どこに問題があるのか調べたらなにか見つけられるかもしれない🤓✨

かもしれない=仮説をたてる✨

オープンして28年以上の医院ですから…

地域を網羅してしまえば初診(新規)の患者さんが減ってくるのはわかるけど…

なにもせずに減ることを待つ必要もない❗

もしかしたら、なにか、卓越されれば新たな患者さんだって増えてくるはず!

そのために、なにを卓越するのか…

患者さんは、なにを求めてこの歯医者を選んでるのかをしる必要があるんだろうな…

あと、

物販の売上も調べてみました。

なぜ調べたのか?

私が入社した頃。(もう、9年も前になります)

患者さんに歯科用の歯磨き粉や歯ブラシを売ることにみんな抵抗を持ってました。

歯医者にお金をかけてきてもらってるのに物販まで負担させたらよくない

気がしてたようです。

私は、逆でした。

歯医者に定期的にきてるのに、

健康のための効果的な正しい情報と価値の提供、そして、自分にあった道具の選び方。

専門家として責任をもって伝えるべきだ!と感じてました。

効果的な歯磨き粉や歯ブラシを使うことで、

将来のリスクを減らせられればとても価値ある✨

ことだと信じてるからです。

自分の健康のための情報も習得することができていけば、

患者さんは自立できるからです✨

私は、当初は、

時間一杯

めちゃめちゃしゃべりまくって

歯磨き粉や一本130円の歯ブラシを売っている

姿を笑われてましたw

何年かすると、

物販の売り上げの数パーセントが販売した人に還元していこうということが医院の方針で決まりました。

少しずつですが、

みんなも物品を売り始めました。

そうすると、

みんなもあることに気付き変わりました。

「患者さんは、自分にあったツールを探してる」というニーズ。

歯磨き粉の効果を調べたり、ある人は、私にどうやったら買ったもらえるのか聞いてくる人もいました。

みんなのいろんな変化をみてきました✨

「この数年間の変化は必ずあるはずだ✨」

3年間ぐらいさかのぼり歯磨き粉や歯ブラシなどの物販の売上を調べました。

そうすると、

物販だけで3年前に比べると毎月20万ちかく売上が上がっていました✨

すごく嬉しくなりました😀✨

(みんな!すごいよ!それだけ、患者さんの行動が変わってるってことだよ!みんなが、それだけ患者さんの意識と価値を変えたんだよ✨!測定するのってすごい!)

そして!

上司や院長、そして、調べたことを伝えてみました。

しかし、

あまりうまく伝えることができません。

私なりに、資料を作り、直接話にいきました。

話は聞いてくれますが…それだけです。

うまく伝えられないのが原因だろうか?

…。

全体ミーティングでも、みんなの反応は…

あまりありませんでした。

(「みんなの頑張りがわかって嬉しかったのにな…、かたちにして伝えられたと思ったのにな…。」)

…。

そのあとも、上司と話をしようとしても

今、忙しいから。

また、時間つくるから。

と、取り合ってももらえません。

そんな日が続くなか、

読書会の参加したときに

先輩ファシリテーターに相談してみました。

(正しくは、線を引き発表した。ですねw)

「いくら伝えても、わかってもらえません。」

いろいろ、

今までの話も聞いてもらっていました。

私の頑張りも、きっとわかってくれています。

私が伝えたいこと。

学んでるからこそ、実践してみたいという気持ち。

それをふまえて…

「あかちゃん、

まさに今日、自分がファシリテーションしてた集中の章だね。」

※あ、私、先輩に、あかちゃんと呼ばれてますw小学生のときのあだ名ですw

「??」

「自分にはなにが出来て、

なにに貢献するべきなのか…

そして、なにに集中するべきなのか。」

「…。考えてます。でも、私には、

アンケートしか任されてません。」

「そうだね。あかちゃんは、

いろんな事を知ってしまってるから

こうすればいいって

色々気付いちゃうんだけど…」

「…。」

ファシリテーターの先輩は、

丁寧に言葉を選びながら

私にわかるように、

ゆっくり話しを続けてくれました。

「今のあかちゃんには、その、

方向性を決めるということを

求められてないのかもしれないね。」

「…はい…。

(ほんとにそのとおりなんだよな…)」

「だから、

あかちゃんに

求められてる役割はなんだろうね?

それに、

なんの権限もなく、

なにかを動かそうとしたとき必要なのは…

周りの人たちの共感を得ること。

周りの人たちも

問題となってる課題から

集中してみたらいいんじゃないかな?」

「…。」

(でも、私には…

アンケート係しか任されてないんだ。

なにを求められれてるのか?

何に貢献したらいいのか?

上司に尋ねてみても、

具体的に答えてもらえない…。

私にできることで、

効果的なこと…。)

「…アンケートの患者さんの声にあがる、

待ち時間の問題なら

みんなと取り組めるかもしれません。」

「いつまでも、

それをしなさいという訳じゃないよ?

ただ、今は、

効果を期待できるものに集中してみたら

なにかいい流れがあるかもしれないよ?」

アニメやドラマとかテレビなら

トントン拍子で😀✨

みんなの士気が高まって

機会を得て

結果につながって、

成果がでて、

ハッピーエンド✨のはずだけど…

うまくいかないのが私らしいな…

ちぇ。😝💫

待ち時間の問題も大切だけど…

なんだかなぁ…

あー。

今日の集中の章だな。

人の本質。

成果が上がらない人。

『経営者の条件』ー第5章もっとも重要なことに集中せよ

成果の上がらない人は、

第一に、ひとつの仕事に必要な時間を過小評価する。すべてがうまくいくものと楽観する。

だが誰もが知っているように、うまくいくものなど一つもない。

予期しないことが常に起こる。

しかも予期せぬことはほとんど常に愉快なことではない。したがって成果をあげるには余裕をみなければならない。

第二に、急ごうとする。そのためにさらに遅れる。成果をあげる者は、時間と競争しない。ゆっくり進む。

第三に、同時にいくつかのことをする。そのため手掛けている仕事のどれ一つにまとまった時間を割けない。いずれか一つの問題にぶつかるとすべてがストップする。

ここがまさにいまの私んだ。💦

今できることに集中してようとおもいます。

こんな頑張ってるのに…

いじけてしまいそう…( ´△`)

でも、

自分の役割を忘れていては

いけないんだろうなと感じます。

組織から、なにかを求められてるのか…

ここにも問題はありますが、

組織で評価されることだけが

私の求めていることではありません。

組織で働くということは

私が、ドラッカーのマネジメントを実践するための道具なんだ

たくさん実践し、失敗し、経験していきます✨

それが、いまの私が、この組織で

働く理由です。

私の人生を豊かにするための機会を

出会う患者さんに

私の経験とスキルを提供できる

場所の提供をしてくれる組織です。

何に集中できるのか?

みなさんは、いかがですか?

やってみたいことと、やるべきことの違い。

それは、時に、苦しい時間を過ごすことかもしれません。

しかし、必ず、やるべきことをきちんと見据えて頑張ること

それをすることは、成果につながる打率をあげていくことになります。

とにかく素振りをしまくることも

時には必要かもしれませんが…

しかし、

成果をあげることが、

次の機会を得ることができる唯一の方法だと私は学びました。

なにもせずに得られた機会とはちがい、

自ら積み上げてきた経験と知識は揺るぎない自信につながるはずです✨

本当に、意思決定を必要なときに

成果をあげる能力を身に付けておくことは大切なことなんだと感じます。

私には、部下もいませんが

もし、仮に、部下を持つことになれば、

どのように導き、どのようにする必要があるのか…。

それを学ぶための今なのかもしれないと感じています。

すべての経験は資源となります✨

未来を見据えて、

自分の出来る力を信じて

勇気をもって

どんどん失敗してやるつもりです🤭✨

そして、きっと、

諦めずにやりつづけることで

(もちろん、振り返り修正もしますw)

大きな成果がみえてくるはずです✨

組織で働くこと、

辞めることも

続けることも

そこには意思決定をしていることになります。

頑張ること、

頑張らないことを選ぶことも、

自ら意思決定をしているのです。

自分自身の未来を

そして、

自分がどうなっていきたいのか✨

そこには、

年齢も

現時点の環境も

あまり関係ないかもしれません。

どれだけ、

自分の可能性を信じられるか✨

成果をあげる人は、

たくさん小さな失敗を

たくさん経験してると聞きました✨

その中から、

きちんと次にいかせる教訓をみつけてます✨

成長は本人が望んだだけ機会を与えられます✨

それは、

企業や組織からではありません。

自分自身で、

自分のために、

与えてあげるものだと感じてます✨

そして、

私も、めちゃめちゃ不器用なので

大体の失敗の経験をしてます(;A´▽`A

おかげ様で、

失敗するという経験がさえも、

自分の強みをいかし

使う機会に恵まれてたんだと知りました。

今までの経験のなかに

知識がたくさんあるはずです。

何度もくじけそうなぐらい

諦めてしまいそうな経験も

すべて、

自分の資源となってるはずです✨

いろいろ、

工夫して乗り越えていけば

同じように、

困っている人、

同じような経験をしてる人のために…

誰かのためになる

誰かを幸せにできる

そんな、知識となる経験なるはずです✨

チャレンジしなければ失敗もありません。

仕事に責任をもち、

成長を求め

毎日、

仕事に、

お客さんに、

一生懸命していれば

問題にぶつかり、

失敗することだってあるはずです。

その経験は、

きっと、

素敵な資源に

そして、

提供できる価値となるはずです✨

そんなふうに、

小さな勇気がもて✨

一歩を踏み出せます✨

ぜひ、皆さんも✨

自分の力を信じて✨

できるんだ!と

自分の可能性を否定なんてせずに

そして、諦めることをやめて✨

勇気をもってチャレンジしていきましょう✨

そして、

勇気を得るために✨

打率をあげる練習をしてみませんか?

ドラッカーさんのマネジメントは、

小さな勇気を

たくさんもらうことができました✨

派手に転んだあとも、

立ち上がれることができたのは

このマネジメントが

大丈夫だよと、

支えてくれたお陰です✨

私の失敗も、

きっと、

誰かの勇気になるはずです✨

最後に…

成果をあげる人は、

多くのことをなさなければならないこと、

しかも成果をあげなければならないことを

知っている。

したがって、自らの時間とエネルギー、

そして組織全体のエネルギーを

一つのことに集中する。

もっとも重要なことを

最初に行うべき集中する。

『経営者の条件』ー第5章もっとも重要なことに集中せよ

成果をあげる人についても、

ちゃんと記されてます✨

成果をあげる人を目指して❗

どんどん、チャレンジしていきます(*´∀`)

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
yukari1222

yukari1222

岡山の歯医者で 歯科衛生士として働いてます✨ ドラッカー歴3年目✨ 読書会を通して初めてドラッカーやマネジメントを知りました✨ 経営者でもなければマネジメントをしなくてはいけない立場でもありません。 立派な役職や実績や経歴があるんけでもありません。 部下一人いるわけでもありません。 そんな私ですが、 皆さんに唯一お伝えできることがあります✨ 組織で働くどんな立場の人でも どんな人にでも ドラッカーのマネジメントは実践できるということ。 そして、成果をあげる能力は習得できるもいうこと。 それは、私が実践してきたことです。 私がマネジメントを学ぶのか✨ マネジメントを 実践していくことで 何を知り、何を経験し、何を得ることができたのか✨ 私らしくお伝えしていけたらと思っています✨ このような機会をいただけたことに本当に感謝してます✨ どうぞ、よろしくお願いします✨

コメント