オンライン動画講座「POP×実ドラ~POPは顧客志向になるためのトレーニング~」公開中!


「実践するドラッカー」Dサポート株式会社の清水祥行です。

この度、オンライン動画講座として「POP×実ドラ~POPは顧客志向になるためのトレーニング」を公開いたしました。

POPの活躍の場は小売店だけはありません

POP広告というとスーパーなどの小売店の店頭で見かけるものだけだと思っていませんか?

POP広告は購買時点広告といいます。
つまり買い物をしようとしている時点で目にする広告はすべてPOP広告ということになります。
ネットショッピングのサイトバナー広告、そしてスタッフ同士のコミュニケーションツールにも様々な場面で活躍してくれます。
そして、POPの原則とドラッカー教授の原則は相性がとても良いのです。
売れるPOP広告は顧客目線で書かれています。
ドラッカー教授は「事業の目的は顧客の創造である」と言っています(『実践するドラッカー[事業編]』p.36、『創造する経営者』p.114)。ここでいう顧客とは顧客価値のことです。
どちらも売り手ではなく顧客を中心とした考え方がポイントになっています。

では具体的にどうすれば顧客志向になれるのか?

POPスターの異名を持つ沼澤拓也氏と対談形式でお話しします!
※沼澤拓也氏の記事はこちらから

 

今なら全8話の講座を限定価格の500円にてお申込みいただけます。

まずは無料公開の第1話をご覧ください。

続きのお申し込みはこちらから
      ↓

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
清水祥行
『ドラッカーを読んだら会社が変わった!(日経BP社刊)』『ドラッカー教授組織づくりの原理原則(日経BP社刊)』編集協力。 中小企業におけるドラッカーのマネジメント実践をサポートする[実ドラ・実践ナビゲータ]。 『実ドラ:実践するドラッカー』シリーズ(ダイヤモンド社)をテキストに、1日一冊で、マネジメントを実践的&体系的に学ぶ[実践するマネジメント講座]の講師を全国で務める。  趣味は、受講企業に訪問して実践事例を取材するとともに、自社では気付かない強みをフィードバックすること。

コメント