茅ヶ崎で起業する!女性スタートアップのマネジメント実践例をリアルタイム報告【第2回】ミッションを考えているつもりが


湘南のまち、神奈川県は茅ヶ崎市にて、世にいう「第二創業」に取り掛かります。
ドラッカーの言葉に出逢ったおかげで、外の世界に貢献することを知りました。家業のお店を閉店後、「自分を商売人として育ててくれる茅ヶ崎に貢献したい」との思いで、小さく、新しく事業を始めます。http://d-lab.management/?p=915

今までの働き方は、既存の組織に途中から参加して、既存の事業に関わってきたパターン。けれど今回は、自分が中心となって、組織を作り事業を作る。そんな初めての経験の毎日は、ドラッカー教授の言葉で気づかされることがいっぱいあります。一度でうまくは出来ないけれど、悩んだ時やうまく行かない時、戻れる軸があります。それが、ドラッカー教授の言葉です。このシリーズでは、そんなわたしの、ミニ創業の場面に登場するドラッカー教授の言葉を紹介します。***************

「自分の『やりたい』からスタートしてる、製品からスタートしてる、、、、」そう気づかされたドラッカーの言葉。

※参考ー第1回:何から始めるか 

 

 

では、何からスタートすればいいのか?ドラッカーは言います。

我々の事業は何かを考える際に、「われわれのミッションは何か?」の問いが、まず最初の問いだと。

そういうことなら、まずはミッションを定めなければなりません。

「ミッションを定めよう」

まずは、自分の頭の中を整理してみよう。整理するために自分の頭の中の想いを、自由に伸ばして行ってみよう、あれこれ案を出していきます。

ミッション

案1  茅ヶ崎に人に来てもらう

案2  茅ヶ崎で楽しんでもらう

案3  誰も知らない茅ヶ崎を伝える

案4  ちょっと得する茅ヶ崎情報を伝える

案5  茅ヶ崎の独特の過ごし方を伝える

案6  その人にとっての特別の茅ヶ崎での過ごし方を伝える

案7  気づかれない側面に光を当てる

案8  平凡を面白く編集する

案9  地域の魅力を伝える

案10 自分の住んでる地域を大切にできる人を増やす

案11 地域から日本を、世界を変える

 

考え出したのは、ざっとこんなところでしょうか。

そして、

「やっぱり、まち歩きでしょう!」「面白い『まち歩き』を考えればいいんでしょう?」と、ミッションを考えていた筈なのに、「我々の製品スタート」に戻った自分。どんな製品を作ればいいのか・作りたいのか、で頭の中はいっぱいに。

そんな矢先、ドラッカー読書会のファシリテーターの先輩から掛けられた言葉

**********************

「最近の君の『茅ヶ崎売りたい感』が、なんか嫌」

**********************

 

ガーン。

そんなことない

ミッションを考えていたつもりが、「嫌」って言われた、、、、なんでこんなことに、、、、

(つづく)

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
Chihiro- C

Chihiro- C

都内の司法書士事務所勤務を経て、家業の一つ、ガソリンスタンドの運営に携わることになる。経営の「け」の字も分からず悪戦苦闘する中、様々なご縁で、ドラッカーのマネジメントに出会う。 現在は地元茅ヶ崎市にて、「活力溢れた豊かな人生へと繋がる未知なる世界への橋渡し」をミッションに、観光プランナーとして、茅ヶ崎の中、茅ヶ崎の外とのハブとなるコワーキングスペース「C-YOU SPACE」の運営をスタート。「実践するマネジメント読書会」主宰。 好きなものはCHIGASAKI CITYと一人旅、ガーデニング。

コメント