忘れられない言葉:ドラッカー教授の『現代の経営』の逐条詳解を書いて欲しい


GWいかがお過ごしでしょうか。

私は完全休息の9連休。中日に東京へ。

IT業を営む顧問先が東証に上場。5月2日の上場セレモニーに参加してきます。

社長とは長いお付き合いですが、10数年前、読書会を始めたころ、飲みながら交わした言葉を今も忘れることができません。

『現代の経営』(1954)の逐条詳解を書いて欲しい」。

「いいですね」と応じる私。

お互い半分冗談、半分本気のような会話です。

 

約 束

『現代の経営』はドラッカー教授が「マネジメントの父」と呼ばれるようになる原点の書ともいうべき著作です。

その後、私は何度も『現代の経営』を読書会のテキストとして使いました。全29章+終章という大著で、読書会では2年以上かかります。最初の10数名いた参加者は、いつしか半減し、さらに半減するようなことを何度か繰り返しました(笑)。

私は、読書会開始の2003年4月から10年、2013年の5月から一つの活動を始めました。D-Labという会員数十名の小さな勉強会です。次の10年のために小さなイノベーションを決意。

今でこそ全国に読書会は広がろうとしていますが、読書会のない地域のためにドラッカー教授の著作の解説書を書こうと思い立ったのです。

解説書は2013年5月から始めて『経営者の条件』(1966)に始まった解説書は、『現代の経営』、『創造する経営者』(1964)を終え、『イノベーションと企業家精神』(1985)へと進んでいます。現在、53巻の解説書を発行しています。

この活動を続ける過程で10年以上前の約束ともいえない約束を果たすことができました。5月2日は、「もう一度頑張ってみようと思う」という彼の言葉が実現する瞬間を見るために東京に行ってきます。彼もまた約束を果たしたのです。

目標の実現は、声に出し、自分と約束すること。

そんなことを突然思い出したGW2日目の昼下がり。

 

 

 

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
佐藤 等
<実践するマネジメント読書会>創始者。『実践するドラッカー』(ダイヤモンド社)シリーズ5冊の著者。 ドラッカー学会理事。 マネジメント会計を提唱する佐藤等公認会計士事務所所長/公認会計士・税理士。 ナレッジプラザ創設メンバーにして、ビジネス塾・塾長。 Dサポート㈱代表取締役会長。 ドラッカー教授の教えを広めるため、各地でドラッカーの著作を用いた読書会を開催している。 公認ファシリテーターの育成にも尽力し、全国に約70名のファシリテーターを送り出した。 誰もが成果をあげながら生き生きと生きることができる世の中を実現するため、全国に読書会を設置するため活動中。 編著『実践するドラッカー』(ダイヤモンド社)シリーズは、20万部のベストセラー。他に日経BP社から『ドラッカーを読んだら会社が変わった』がある。 自身のブログ<ドラッカリアン参上>は連続投稿4000日以上を達成して続伸中

コメント