ドラッカー教授が『現代の経営』に込めたおもい―マネジメントは人間学である

「世界のいずれの国々においても、いろいろな問題の解決に用いられる<原理>や<道具>は同じものである。その意味において<原理>とか<道具>はすべて普遍的なものといえよう」。ドラッカー教授が1956年に出版された日本語版の序文の冒頭で述べた言葉です。

教授の同書に対する思いが鮮明に表現されています。

 

現代の経営

教授は、まず一つひとつの現実を原理と道具としてコンセプト化しました。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメント