【公務員のためのマネジメント】一公務員が組織を変えた目的設定を実例で紹介!


私が勤めるWEB制作マネジメント会社のボスから

ドラッカーを読んだら会社が変わった!

を読むように言われた時、正直

興味を引くタイトルだが、眉唾かと思いました。ジャロに電話するくらいの誇張表現かとも思ったのは事実です。

もしくは、タイトルで集客する

「聴くだけで30日で英語が話せる」

の類かとも思ったのも事実です。

 

ところが、すべての事例を読み終わるどころか、最初の十勝バスの物語を読み終わるまでもなく、

日本に根強く残る縦社会の問題を解決してくれる本に出会った!

と確信したほどでした!

素晴らしい事例が数多く掲載されている「ドラッカーを読んだら会社が変わった!」ですが、今回はその中でも、同じ勤め人として心弾ませて読み、発見させられ、自分も行動を起こそうという気持ちにさせてくれた札幌市交通局の事例を紹介したいと思います。

 

動機が人を動かす


物語14:内向きな市役所役員から提案が湧き出す:札幌市交通局(p151)

 

公務員でありながら成果を外に求めた田畑氏。

 

いまだに

 

「出る杭は打たれる」
「長いものにはまかれろ」

 

の風潮にあって、

 

「市役所職員の仕事は本来、市民の生活を豊かにするためにあるはず。
なぜもっと、地下鉄や路面電車の利用者のことを考え、利便性を高める創意工夫をしないのか」

 

の思いを、自ら行動するだけでなく、実現した経緯には、目を覚まされる思いだけでなく、本当にスカッとした気持ちにさせられました。

 

「カスタマーファースト」

 

企業が従業員に強要して起こるものではなく、ましてや土下座の謝罪で得るものではないと考えています。

 

利用者の立場に立ち、喜び、満足を提供する。

同時に提供者も、それを達成することによって、喜び、満足を得る。

 

理想的なwin-winが「カスタマーファースト」の姿ではないでしょうか?

 

そしてそのwin-winを、田畑氏はドラッカーの『経営者の条件』読書会を開くことによって同僚の「意識改革」を行っていき、自発的な発言、行動に至るようにしてしまったのです!

 

すべての成果は外にある

 

経営者ではない田畑さんが、読書会に選んだ書籍が、「管理職の心得」等ではなく、ドラッカーの『経営者の条件』を選択したのは、一見、選択違いのようにも見えるかもしれません。

ですが、実はドラッカーの『経営者の条件』こそが、札幌交通局の事例をみると、『経営者の条件』は、人を自発的に動かす魔法の書だったように思えるのです。

 

それは田畑氏の

 

「『公務員一人にできることには限界がある』と、自分の仕事を線引きして諦めていた職員が、『自分の力でできることがある』と思えるようになった」

 

ということが裏付けています。

 

一職員としてではなく、自分を経営者として見た時、その仕事をどう変えられるのか。

 

カスタマーサティスファクションが自らの行動を通してサティスファクションになった時、本当の意味の成果が得られるのかもしれない。

 

また、田畑氏はこう語っています。

 

「最大の変化は、職員たちの”言葉が揃った”ことだ」

 

同じ目的を持つグループは強いです。

一方、利益利害、力関係で結びついている組織は、ほころびができ始めると簡単に崩れてやすいのも事実です。

 

花火大会開催日に地下鉄構内に着付け直しコーナーを設けるまでになった成果は、田畑氏が、読書会を通じて、仲間との共通の認識と目的を育てた結果に他なりません。

 

そして、その共通認識は田畑さんが現場を離れた後も受け継がれ、「ST ピアノ in クリスマス」や「ST ピアノ in 雪まつり」などの市民を楽しませてくれるイベントへと受け継がれているのでしょう。

 

 

田畑氏へのインタビュー記事はこちら

 

 

◆◆◆ライター情報!◆◆◆

名前:O@E
所属:㈱エレメント WEBマーケティングマネジメントサポートチーム

経歴:東京で外資に就職。バブル崩壊を機に、カリフォルニアでウェブデザインを学び、そのまま現地でオンラインショッピング会社に就職。
結婚後はフリーランスでウェブ制作を15年行う。
のんびりした子育てをしたいと札幌に居を移す。
現在は㈱エレメントにて在宅勤務中心に顧客のWEBサイト運営のサポート業務に従事。

ドラッカーとの関わり:名前だけは聞いたことがあるのみだったが、エレメントスタッフに加わった際、ドラッカー書籍の目次だけで見てワクワク感を覚える。
以後、「経営者の条件」はまだ敷居が高い為、外堀から知識を得ていこうと、「高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」、「ドラッカーを読んだら会社が変わった!」、「人生を変えるドラッカー」から読み始める。
当面の目標は「エッシェンシャル版マネジメント」「経営者の条件」を読んだあと、原文の「The Effective Executive」を読むこと。

連絡先: info@elmt.jp

チームメンバーからの一言

【今井から:プロフェッショナル意識が高い方です!責任感が強くいつもゴールを共有しようと考えてくれる大切なクルーです!】

【NPさん:素敵な人です!頭の回転も仕事も「速い」💛という言葉がぴったりです。】

 ※【こちらの記事は、佐藤等公認会計士事務所・ドラッカー学会理事の佐藤等先生と、FT修行中である㈱エレメント代表今井孔太の監修のもと、エレメントスタッフ1人1人の自己実現に向けたセルフマネジメント・トレーニングの一環で記事を制作しています。】

◆◆◆◆◆◆

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.

Dラボ

当サイトDラボを運営しております。
ドラッカーを学んだ経営者やビジネスマンが実際に仕事や経営に活かして数々のピンチを乗り越え、成功を収めた実例を記事形式で紹介しています。


また、「実践するマネジメント読書会」という、マネジメントを実践的に学び、そして実際の仕事で活かすことを目的とした読書会も行っております。
2003年3月から始まって、これまでに全国で20箇所、計1000回以上開催しており、多くの方にビジネスの場での成果を実感していただいています。


マネジメントを真剣に学んでみたいという方は、ぜひ一度無料体験にご参加ください。


実践するマネジメント読書会とは

コメント



    POST

      ご意見・感想や、今後とりあげて欲しい
      テーマなどお気軽に送信ください!


      返信が必要な場合はこちら