【ジャック・ウェルチ】はドラッカーとの会話で「一位二位戦略」を生み出したゼネラル・エレクトリック(GE)の経営者


ジャック・ウェルチ【ドラッカー用語大全】

引用画像:wikipedia

ジャック・ウェルチ(1935~ 2020年)は「ゼネラル・エレクトリック(以下GE)」の会長兼CEOとして活躍した人物である。

GEの創業者は発明王ことトーマス・エジソン。創業時は白熱電球の製造会社で、その後は統合電機メーカーとして世界に名をとどろかせることになる。

1960年にGEに入社したウェルチは、わずか12年で副社長にのぼりつめた。1979年には副会長、1981年にはGE社の会長兼CEOとなる。平社員からの大出世劇は、まるでアメリカ版の島耕作。

CEO就任直後に、経営学やマーケティングでも有名な「一位二位戦略」を展開。成果のでない部門は次々に閉鎖・売却を行い、業績を上げていった。その剛腕っぷりから、「ニュートロン(中性子爆弾)・ジャック」と呼ばれるようになる。

ウェルチのリーダーシップ論「4E」

ウェルチはリーダーシップに必要な条件を4つの「E」と定義した。

ドラッカーとウェルチの会話から生まれた「一位二位戦略」

一位二位戦略」は、ウェルチがドラッカーとの会話のなかで生み出した戦略である。GEのCEOになったウェルチは、すぐにドラッカーに会いに行った。するとドラッカーは早速こう訊ねた。

「貴社は電気自動車から冷蔵庫、電気剃刀まで製造・販売し、原子力にまで手を広げている。だが、仮に今再びゼロから始めるとしたら、全ての事業を行うだろうか」

(引用:『ドラッカー入門 新版』)

それに対しウェルチは答えた。

「さまざまな経緯で事業を広げることになったが、改めて始めるとしたら全てを行うことはないだろう」

(引用:同上)

この会話がきっかけで生まれたのが、かの有名な「一位二位戦略」であった。世界で一位か二位になれる・なるつもりのある事業を“真に価値ある事業”と定義し、そこにリソースを集中させる戦略である。

そのウェルチは、この一位二位戦略により、業績の停滞していたGEを再び軌道に乗せることに成功したのだった。

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.

Dラボ

当サイトDラボを運営しております。
ドラッカーを学んだ経営者やビジネスマンが実際に仕事や経営に活かして数々のピンチを乗り越え、成功を収めた実例を記事形式で紹介しています。


また、「実践するマネジメント読書会」という、マネジメントを実践的に学び、そして実際の仕事で活かすことを目的とした読書会も行っております。
2003年3月から始まって、これまでに全国で20箇所、計1000回以上開催しており、多くの方にビジネスの場での成果を実感していただいています。


マネジメントを真剣に学んでみたいという方は、ぜひ一度無料体験にご参加ください。


実践するマネジメント読書会とは

コメント



    POST

      ご意見・感想や、今後とりあげて欲しい
      テーマなどお気軽に送信ください!


      返信が必要な場合はこちら