「利益」とは何か?組織が社会貢献するために必要な存続資金である


利益

利益とは、企業が存続するために必要な“燃料”であり、リスクに対応する“保険”である。では、なぜ企業は存続しなければならないのか? それは企業がビジネスを通じて社会貢献しているからである。人々のニーズを満たし、価値を創出する限り、企業は社会の“富”を創出する組織なのだ。

利益は雇用と価値を生む。それゆえ企業の倒産社会の損失を意味する。そのために企業は、まずは利益をあげなければならない。

ただし、利益は目的であってはならない。あくまでも手段である。この視点こそ、従来の経済学とドラッカーの異なる大きな点である。「企業は利益を追求する存在」という定義に対して、ドラッカーは厳しく批判する。

「利潤動機」という神話

「利潤動機」という神話
(引用画像:wikipedia)

しばしば、利益を得ることを「いやしいこと」のように考える風潮がある。それは「企業が商売をするのは儲けるため」「いろいろ綺麗ごとをいうが、しょせん金儲け目当て」という不純なイメージがつきまとっているせいである。いわゆる「利潤動機」である。企業は利潤を求めて日々活動していて、それ以上でも以下でもない――というわけである。

ドラッカーは、企業が利益を得ることは何ら恥ずべきことではないといった。ではドラッカーは「利潤動機」を肯定したのだろうか。答えはNOである。

「利潤動機なるものは、的はずれであるだけでなく害を与える。このコンセプトゆえに、利益の本質に対する誤解と、利益に対する根深い敵意が生じている。この誤解と敵意こそ、現代社会における危険な病原菌である。」

(『マネジメント』より)

「利潤動機」は利益蔑視の風潮を生み出してしまう。だが、「利潤動機」を当然のように推し進めているのは、他でもない経済学だった。経済学部の一年生が最初に手にするミクロ経済学の教本には、必ず「企業の目的は利益を最大化すること」と書いてある。ドラッカーはそれを「利益そのものの意義を間違って神話化する危険がある」(『マネジメント』)と厳しく批判した。

利潤動機を是として活動する企業は、社会貢献どころか、社会に害をなす。手抜き工事・産地偽装・データ改ざん・粉飾決算などの不正は、まさに「利益こそすべて」という神話の副産物に他ならない。ギリシャの哲人ヒポクラテスは「知りながら害をなすな」といった。しかし利潤動機を隠れ蓑にした企業は、たとえそれが道徳的に逸脱した行いであっても、「知りながら害をなす」。

利益はあくまでも社会貢献するための存続資金である。あくまでも事業の手段でしかない。

では、企業の目的とは何なのか。それは「顧客の創造」である。顧客が喜ぶビジネスを行うことは、すなわち社会の富を創出することと同義なのだ。

「顧客こそが企業の基盤である。顧客こそが企業を存続させる。顧客こそが雇用を生み出す。その顧客の欲求とニーズに応えさせるために、社会は富を生み出す資源を企業に負担する。」

(『マネジメント』より)

人と社会に役立つときはじめて利益が生まれる

人と社会に役立つときはじめて利益が生まれる

利益とはけっきょく、その企業が社会に認められた証である。顧客は企業のためにお金を払わない。顧客は価値を満たしてくれた商品・サービスにお礼を支払う。だから結果として企業は利益を得る。

「組織はすべて、人と社会をよりよいものにするために存在する。すなわち、組織にはミッションがある。目的があり、存在理由がある。」

(『経営者に贈る5つの質問』より)

企業は利益を目的としてはならない。企業の目的は顧客の価値充足である。「何のために事業を行うのか」というミッション(使命)を持ち、それを誠実に実行するとき、はじめて成果として利益が結実する。

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.

Dラボ

当サイトDラボを運営しております。
ドラッカーを学んだ経営者やビジネスマンが実際に仕事や経営に活かして数々のピンチを乗り越え、成功を収めた実例を記事形式で紹介しています。


また、「実践するマネジメント読書会」という、マネジメントを実践的に学び、そして実際の仕事で活かすことを目的とした読書会も行っております。
2003年3月から始まって、これまでに全国で20箇所、計1000回以上開催しており、多くの方にビジネスの場での成果を実感していただいています。


マネジメントを真剣に学んでみたいという方は、ぜひ一度無料体験にご参加ください。


実践するマネジメント読書会とは

コメント



    POST

      ご意見・感想や、今後とりあげて欲しい
      テーマなどお気軽に送信ください!


      返信が必要な場合はこちら