【実践するマネジメント読書会 誕生秘話】5.読書会が契機になる


今回は、前回お伝えしたドラッカー学会と読書会の関係を物語る上田先生の言葉についてです。

2003年4月に読書会を始めて、およそ2年経った2005年11月にドラッカー学会が立ち上ります。両者の関係について上田先生が発した言葉は驚くべきものでした。

当時学会の代表だった上田先生は、2008年のドラッカー学会の年報『文明とマネジメント』の巻頭インタビュー第1ページの最初の質問に対して次のように答えました(以下引用)。

 

―ドラッカー学会が設立されて3年になる.現状をどう見ているか.

上田:ドラッカーの考え方を継ぎ発展させることに意味があると思う.この活動に意味を感ずる人々は非常に多くいる.

組織の生成とは人為的でありながら,自然的でもある.ドラッカー学会にも原型はあった.2003年4月からドラッカー作品の読書会が開かれていた.そのようなものがあるということが,日本のドラカー学会設立の契機になっていた.札幌の地で行われていたささやかな試みが種子だった.

ドラッカー学会は今なおささやかな存在である.文明を担うのに大仰な理屈は必要ない.少し目線を上にあげればよいだけだ.なすべきことがあり,なす人がいる.それだけで十分である.すべて名もなきささやかな活動である.

会に集う方々に共通するのは,すべてがドラッカーに励まされていることである.端的に言えば,「文明の担い手はあなたである」というメッセージを受け取っている人たちである.文明の担い手は,貴族でも軍人でも政治家でもない.ふつうの新入社員,中堅,課長,部長,社長である.そのようなささやかな人々が世の中をつくっている.

ささやかながらも,大いなるものに連なり,それを担うというメッセージに共鳴する人々がドラッカー学会に集まっている.産業活動に携わる営みの1つひとつが,確実に文明を前に進めていく.このメッセージはさらにもっと多くの人々を動かしうるものと思う.―引用終り

 

私たちが始めたささやかな試み<読書会>がドラッカー学会を生み出す契機となり、その読書会が今、全国に広がっています。学会設立前から存在する私たちの<読書会>の種子は全国に広がり、今、「実践するマネジメント読書会」と改称され、各地でささやかな活動が生み出されています。

上田先生の言葉を借りると、読書会という場を通じて各地で日々文明が前進しているのです。

私たちの活動は上田先生を通してドラッカー教授に伝わっていました。

今となっては信じられないことです。

 

上田先生には、機会あるごとに読書会の報告をさせていただいております。

いつも破顔一笑、眼を大きく丸めて「へーそう。結構結構」と嬉しそうに応じてくれます。

上田先生はまさに読書会の育ての親ともいうべき存在なのです。

つづく

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
佐藤 等
<実践するマネジメント読書会>創始者。『実践するドラッカー』(ダイヤモンド社)シリーズ5冊の著者。 ドラッカー学会理事。 マネジメント会計を提唱する佐藤等公認会計士事務所所長/公認会計士・税理士。 ナレッジプラザ創設メンバーにして、ビジネス塾・塾長。 Dサポート㈱代表取締役会長。 ドラッカー教授の教えを広めるため、各地でドラッカーの著作を用いた読書会を開催している。 公認ファシリテーターの育成にも尽力し、全国に約70名のファシリテーターを送り出した。 誰もが成果をあげながら生き生きと生きることができる世の中を実現するため、全国に読書会を設置するため活動中。 編著『実践するドラッカー』(ダイヤモンド社)シリーズは、20万部のベストセラー。他に日経BP社から『ドラッカーを読んだら会社が変わった』がある。 自身のブログ<ドラッカリアン参上>は連続投稿4000日以上を達成して続伸中

コメント