【実践するマネジメント読書会 誕生秘話】 6.読書会海を渡る


2003年に札幌で始まった読書会は、その後、函館(2006)、旭川(2007)、帯広(2008)と北海道内に広がっていきました。この頃の参加者が宮脇さんや川島さんなどです。今の読書会ファシリテーター(FT)の礎となる1期生の大半は北海道の読書会参加者です。

そして2008年、読書会は開始から5年を経て新局面に入ります。

初めて東京で開催することになったのです。北海道から出て橋頭堡を築こうという意識で海を渡ったのを憶えています。そして、その砦を何とか守り続けることができたという感慨が今はあります。

東京の読書会の初日、ドラッカリアンの会の頭に「日本」とつけた2003年のあの日のことが思い起こされました。目標は高く掲げよというドラッカー教授の言葉の大切さを実感します。

東京の読書会に当初から参加していたのが和光さん(FT2期)と八谷さん(FT4期)です。

ちなみに東京の十数名いた初参加の当初メンバーで残っているのは二人だけです。読書会への参加の継続の難しさと、継続のあとにある成果の大きさを実感します。

読書会の広がりは、まだまだこれからです。次は関西の橋頭堡の確保。今は京都を皮切りに大阪、神戸、広島、岡山と読書会が続いています。休止会場もあり、継続した学びの場にすることが私たちの悲願です。

この頃、相変わらずファシリテーター(FT)は私一人、ヒューマン・キャピタル・マネジメント社主催、参加費1万円で90分というスタイルでした。私自身、当時札幌で3クラスを開催していましたので道内と東京で延べ7か所、年間70回の読書会を担当していました。

このような状況が2011年まで続きます。一人では限界がある…と感じ始めたのはこの頃です。

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
佐藤 等
<実践するマネジメント読書会>創始者。『実践するドラッカー』(ダイヤモンド社)シリーズ5冊の著者。 ドラッカー学会理事。 マネジメント会計を提唱する佐藤等公認会計士事務所所長/公認会計士・税理士。 ナレッジプラザ創設メンバーにして、ビジネス塾・塾長。 Dサポート㈱代表取締役会長。 ドラッカー教授の教えを広めるため、各地でドラッカーの著作を用いた読書会を開催している。 公認ファシリテーターの育成にも尽力し、全国に約70名のファシリテーターを送り出した。 誰もが成果をあげながら生き生きと生きることができる世の中を実現するため、全国に読書会を設置するため活動中。 編著『実践するドラッカー』(ダイヤモンド社)シリーズは、20万部のベストセラー。他に日経BP社から『ドラッカーを読んだら会社が変わった』がある。 自身のブログ<ドラッカリアン参上>は連続投稿4000日以上を達成して続伸中

コメント