第3回「ドラッカーの本でも読んでおけ」という言葉に応えるためのドラッカー本を読む順番―新規事業の立ち上げや既存事業の充実に悩むマネジャーや経営者に

ドラッカーの本でも読んでおけ」という言葉に応えるためのドラッカー本を読む順番 第3回―新規事業の立ち上げや既存事業の充実に悩むマネジャーや経営者に…

 

第3回は「ドラッカーの本でも読んでおけ」と言われる可能性が最も高いマネジャーの皆さんに特に関係があります。

 

ドラッカーの本を読んでみたいのだけれども、どれから読んでいいか教えて欲しい」という問いに対する答えは、その人の地位や経験、期待されているものによって異なります。とくに今回紹介する4冊は特にその意味合いが強い領域です。

 

毎回書いていますが、「ドラッカーの本でも読んでおけ」という言葉には、仕事の役に立つからという意味が込められています。ドラッカー教授の言葉を実践に使って成果を出すという意識が大切です。

 

私たちの読書会―「実践するマネジメント読書会」では、本そのものではなく目的別にプログラムを開発してきました。その経験からドラッカー本のどの章を、どんな順番で読めばいいのかを長年考えてきました。この連載ではこの一端を紹介しています。

 

第3回目は、新規事業の立ち上げや既存事業の充実に悩むマネジャーや経営者の方に向けて次の4冊―『創造する経営者』(1964)、『マネジメント』(1973)、『イノベーションと企業家精神』、『明日を支配するもの』(1999)―を推薦したいと思います。

以下、<読むべき章>と<4冊の概要>と<一部内容の紹介>についてです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメント