【成果】とは組織の外にある「顧客満足」のこと


【成果】とは組織の外にある「顧客満足」のこと

成果」(results)とは、一見すると何の変哲もない言葉に思えるが、ドラッカーの思想を理解する上で非常に重要なキーワードである。かみ砕いていうと「成果」とは、組織が活動を通じて、顧客満足に貢献することをいう。コストをカットするだとか、売上げを前年比30%アップさせるだとかというのは、組織の内部の話であって、成果とはいえない。組織の内部に成果を見出そうとするのは、大きな誤りなのだ。それでは顧客の顔が見えなくなってしまう。だからこそドラッカーは「成果は外にある」と何度も繰り返し強調した。

「われわれの顧客は誰か」「顧客にとっての価値は何か」

「われわれの顧客は誰か」「顧客にとっての価値は何か」

組織の成果は何なのか? それは事業によって千差万別である。成果を定義するには、満足させなければならない顧客について掘り下げる必要がある。ドラッカーは「われわれの顧客は誰か」「顧客にとっての価値は何か」という問いを常に持ち続けよと説く。その問いに答えることができたとき、はじめて「われわれにとっての成果は何か」が見えてくる。

たとえば「コルゲート」(口腔ケア用品ブランド)という米企業は、かつては「即時納入」というポリシーを掲げていた。しかしこれは小売店に対するポリシーであって、本当の顧客(商品のエンドユーザー)には関係のない話だった。

あるときコルゲートは、ポリシーを「品切れナシ」に変更した。すると売上げが3%アップしたという。小さな変化だったかもしれないが、「いつでもどこでもコルゲートの商品を手に入れられる」という顧客満足に資する発想に転換したことで、実際にスタッフの仕事意識に変化がみられたという。

外部の世界に感覚を研ぎ澄ませば、成果のヒントが見えてくる

外部の世界に感覚を研ぎ澄ませば、成果のヒントが見えてくる

組織が追求すべき成果は、組織の外にある。組織の内部には存在しえない。このことは、いくら強調してもし過ぎることはない。

コルゲートという組織の外部には、「品切れ」という現象がしばしば発生していた。品切れが起きても、コルゲートの社員は別に困らない。「また明日になればきっと入荷しますから」と一言いえばそれで済む話だ。

しかし、コルゲートの歯磨き粉が欲しくてドラッグストアを訪れた顧客は、とても残念に思うだろう。「私はいま欲しくて店に来たのに」と。組織に必要なのは、こういった境遇に置かれた顧客の心中を察する思いやりである。「ガッカリさせたくない」――実はそこに、成果のヒントが隠れている。

ドラッカーは、大著『マネジメント』で「今日の組織が最も必要としているのは外に向けた感覚器官」と言った。データ分析は今日において非常に重要である。それは疑いようがない。しかし、データはデータであって、それ以上でも以下でもない。データをもって成果を定義することはできない。大切なのは、「顧客の心の内」を掘り下げて言語化する姿勢である。

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.

Dラボ

当サイトDラボを運営しております。
ドラッカーを学んだ経営者やビジネスマンが実際に仕事や経営に活かして数々のピンチを乗り越え、成功を収めた実例を記事形式で紹介しています。


また、「実践するマネジメント読書会」という、マネジメントを実践的に学び、そして実際の仕事で活かすことを目的とした読書会も行っております。
2003年3月から始まって、これまでに全国で20箇所、計1000回以上開催しており、多くの方にビジネスの場での成果を実感していただいています。


マネジメントを真剣に学んでみたいという方は、ぜひ一度無料体験にご参加ください。


実践するマネジメント読書会とは

コメント



    POST

      ご意見・感想や、今後とりあげて欲しい
      テーマなどお気軽に送信ください!


      返信が必要な場合はこちら