マネジメントとは何か―ドラッカー教授から学ぶ実践に不可欠な<マネジメントの原理>【第10回】成果とは外の世界における変化である


引き続き、「事業のマネジメント」に関するものを取り上げています。前回、解説した原理の確認からはじめます。

<マネジメントの原理10>
「われわれの事業を定義する」(「われわれの事業は何か」を問う)

この問いに答えるためには、2つのことを明らかにしなければなりません。「われわれの顧客は誰か」と「顧客にとっての価値は何か」です。「誰に」「何を提供するのか」ということです。

実は、この問いはドラッカー教授の問いの中では有名です。『経営者に贈る5つの質問』というドラッカー教授の著作がありますが、その中の2つの質問です。

第一の質問は「われわれのミッションは何か」です。<マネジメントの原理3>に関係しています。
第二の質問が「われわれの顧客は誰か」、第三の質問が「顧客にとっての価値は何か」です。

主役は成果である

これらは原理的な問いだけに重要性も際立っています。ここまでくるとあと2つも興味がわきます。「われわれにとっての成果は何か」と「われわれの計画は何か」です。私たちは、計画を立てることから着手する癖がついています。しかし前提になるこれらの問いから導き出されない計画は、実行されない、あるいは実行しても意味のない計画になりがちです。

ドラッカー教授の問いに答えることは、常に原理・原則に沿うことを求められます。その意味で失敗しないマネジメントの幹に当たるところです。

さて5つの質問で用いられたコンセプトでドラッカー教授特有のものがあります。「成果」という言葉です。私は、セミナーなどで「この一年で出したい成果は何ですか」問うことがあります。書いてもらうと、「資格を取りたい」「家を建てたい」「売上を1億にしたい」「利益を倍にしたい」など自分が手に入れたいものが出てきます。

しかしドラッカー教授の「成果」は「外の世界における変化」なのです。具体的にはお客様に起る変化です。同じ言葉を使っていてもまったく異なる意味で理解しているとマネジメントすることが困難になります。マネジメント言語とでもいうべきもので、コンピュータ言語のように間違った使い方をすればプログラムが動かないようにマネジメントがうまく機能しません。

ドラッカー教授はマネジメントの「主役は成果である」といいます。「成果」は、マネジメントにおける最重要のコンセプトの一つです。ぜひ記憶してマネジメント言語として使えるようにしましょう。

<マネジメントの原理11>
成果とは外の世界における変化である

 

原理のマネジメントが必要な理由

第1回目は、原理がマネジメントにいかに必要かについて触れています。<方法ではな<原理を手にすること>の大切さについては何度も確認して欲しいと思います。

 

連載記事一覧はこちらです。                   

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
佐藤 等
<実践するマネジメント読書会🄬>創始者。『実践するドラッカー』(ダイヤモンド社)シリーズ5冊の著者。 ドラッカー学会理事。 マネジメント会計を提唱する佐藤等公認会計士事務所所長/公認会計士・税理士。 ナレッジプラザ創設メンバーにして、ビジネス塾・塾長。 Dサポート㈱代表取締役会長。 ドラッカー教授の教えを広めるため、各地でドラッカーの著作を用いた読書会を開催している。 公認ファシリテーターの育成にも尽力し、全国に約70名のファシリテーターを送り出した。 誰もが成果をあげながら生き生きと生きることができる世の中を実現するため、全国に読書会を設置するため活動中。 編著『実践するドラッカー』(ダイヤモンド社)シリーズは、20万部のベストセラー。他に日経BP社から『ドラッカーを読んだら会社が変わった』がある。 自身のブログ<ドラッカリアン参上>は連続投稿4000日以上を達成して続伸中雑誌『致知』に「仕事と人生に生かすドラッカーの教え」連載投稿中

コメント