マネジメントとは何か―ドラッカー教授から学ぶ実践に不可欠な<マネジメントの原理>【第15回】利益の役割―その3 利益は事業の有効性と健全性の指標となる


前回、前々回とお伝えしてきた原理は「利益には3つの役割」に関するものです。

1.利益は、未来のリスクと不確実性をカバーする
<マネジメントの原理14>
2.利益は、事業の拡大とイノベーションに必要な資金調達の基盤となる
<マネジメントの原理15>
3.利益は、事業活動の有効性と健全性を測定する
<マネジメントの原理16>

3つの原理は、事業と利益が密接に結びついていることを示しています。2.は利益が、事業の拡大やイノベーションための資源となることを示しています。しかし、これらの目的に使われる資源が当初の予定に反して、不確実性やリスクにさらされたとき、それをカバーするのは過去に蓄積した利益です(1.)。その意味で1.と2.は同一線上にあります。

利益という道具の役割その3

今日は最後の原理16について説明します。この原理は少し毛色が異なります。利益が事業活動の有効性と健全性のメジャーになるというのです。ここで測るべき対象は「事業活動の有効性」と「事業活動の健全性」です。このメジャーの目盛は利益という形で表現されるというのです。事業活動自体を測定対象としていることから「マネジメント上の利益」と私は呼んでいます。

これに対して「会計上の利益」は、一般に法人全体の業務成績の好不調を測定対象とし、その目盛に利益を用いるといってよいでしょう。利益は計算をして終わりというのが会計上の利益です。利益を表す言葉である赤字や黒字という呼び名やボトムラインという表現がそのことを端的に示しています。

さてマネジメントに利益という道具を生かす際のポイントが「事業活動の有効性」と「事業活動の健全性」という視点です。事業とはプロセスである<マネジメントの原理8>と関係しています。これらの測定対象は、事業というプロセスの巧拙を判断しようとするものです。

事業の有効性とは、そのプロセスから生み出される経済価値が顧客の支持を得ているかどうかを判定するものです。利益や利益率のこれまでの趨勢、将来見込を勘案しながら市場における顧客支持を定性的に判断することになります。すなわち今後。顧客支持を増すことができるのか、もしくは市場の中で競合と横並びの価値しか提供できないのかという判断を下すことになります。言葉を換えると差別化や独自化が進んでいるのか、その逆なのかということになります。

次に事業の健全性とは、有効性の判断にしたがって経営資源の配分を変え、ヒトやカネを適切に切り替えて運用しているかどうかを問うものです。具体的には、事業活動に、さらに力を入れる、力を抜く、撤退する、本格的に参入するなど判断を行う際の基準となるものです。一般に事業活動は、既存の活動を増やす、減らす。新しい活動を始める。既存の活動をやめるという4つの方向で考えることになります。

言葉で説明するには難しい面があります。上記については拙著『実践するドラッカー〔利益とは何か〕』p.254~259をお読みください。具体的数値を用いて解説しています。

原理のマネジメントが必要な理由

第1回目は、原理がマネジメントにいかに必要かについて触れています。<方法ではな<原理を手にすること>の大切さについては何度も確認して欲しいと思います。

 

連載記事一覧はこちらです。

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
佐藤 等
<実践するマネジメント読書会🄬>創始者。『実践するドラッカー』(ダイヤモンド社)シリーズ5冊の著者。 ドラッカー学会理事。 マネジメント会計を提唱する佐藤等公認会計士事務所所長/公認会計士・税理士。 ナレッジプラザ創設メンバーにして、ビジネス塾・塾長。 Dサポート㈱代表取締役会長。 ドラッカー教授の教えを広めるため、各地でドラッカーの著作を用いた読書会を開催している。 公認ファシリテーターの育成にも尽力し、全国に約70名のファシリテーターを送り出した。 誰もが成果をあげながら生き生きと生きることができる世の中を実現するため、全国に読書会を設置するため活動中。 編著『実践するドラッカー』(ダイヤモンド社)シリーズは、20万部のベストセラー。他に日経BP社から『ドラッカーを読んだら会社が変わった』がある。 自身のブログ<ドラッカリアン参上>は連続投稿4000日以上を達成して続伸中雑誌『致知』に「仕事と人生に生かすドラッカーの教え」連載投稿中

コメント