マネジメントとは何か―ドラッカー教授から学ぶ実践に不可欠な<マネジメントの原理>【第12回】利益は目的ではない…存続の条件である


今日は利益の位置づけを確認します。まずは前回挙げた原理の復習からです

<マネジメントの原理11>
成果とは外の世界における変化である

<マネジメントの原理12>
マネジメントは自らの組織が目的(ミッション)を果たすために
成果をあげる責任をもつ

これまでの2回で取り上げた原理は成果に関するものですが、利益や売上といった自分たちが手にするものを成果と誤解していることが多いと前々回で指摘しました。では「利益」はどのようなものなのでしょうか。

企業の目的は利益をあげることではない

おそらく、ドラッカー・マネジメントにおいて、この「利益」ほど誤解にまみれたコンセプトないでしょう。最大の誤解は、「企業の目的を利益をあげることである」というものです。

組織(企業)の目的は原理3~5に示しました。利益という言葉は見当たりません。組織の最大の目的を確認しておきましょう。

<マネジメントの原理3>
組織の目的は社会において特有の役割(ミッション)を果たすことである

では、利益は…

<マネジメントの原理13>
利益は組織が役割(ミッション)を果たすための条件である

組織の目的ではなく存続の条件です。利益(繰越利益―剰余金―内部留保)なしに長く組織という道具を使い続けることはできません。燃料切れになってはミッションを果たすことは不可能です。

ドラッカー教授は、利益は未来におけるコストであるといいます。未来のリスクや不確実性に備える燃料庫だというのです。それゆえ条件としての利益は目標よりも厳しい基準です。あげなければならないものという意味だからです。経営者の覚悟が問われます。それは社会とって必要不可欠の道具である組織(企業)を使って、社会の役に立つという覚悟です。具体的には、利益をあげ税金を払って内部留保を厚くするという覚悟です。未来のコストはどれくらい貯蔵されていますか。

 

原理によるマネジメントが必要な理由

第1回目は、原理がマネジメントにいかに必要かについて触れています。<方法ではな<原理を手にすること>の大切さについては何度も確認して欲しいと思います。

 

連載記事一覧はこちらです。

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
佐藤 等
<実践するマネジメント読書会®>創始者。『実践するドラッカー』(ダイヤモンド社)シリーズ5冊の著者。 ドラッカー学会理事。 マネジメント会計を提唱する佐藤等公認会計士事務所所長/公認会計士・税理士。 ナレッジプラザ創設メンバーにして、ビジネス塾・塾長。 Dサポート㈱代表取締役会長。 ドラッカー教授の教えを広めるため、各地でドラッカーの著作を用いた読書会を開催している。 公認ファシリテーターの育成にも尽力し、全国に約70名のファシリテーターを送り出した。 誰もが成果をあげながら生き生きと生きることができる世の中を実現するため、全国に読書会を設置するため活動中。 編著『実践するドラッカー』(ダイヤモンド社)シリーズは、20万部のベストセラー。他に日経BP社から『ドラッカーを読んだら会社が変わった』がある。 2019年12月『ドラッカー教授 組織づくりの原理原則』を出版。 自身のブログ<ドラッカリアン参上>は連続投稿4000日以上を達成して続伸中雑誌『致知』に「仕事と人生に生かすドラッカーの教え」連載投稿中

コメント